<プロ野球>広島東洋カープ ジョンソン選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

ジョンソンは小顔でポーカーフェイスでかっこええなぁ。

イライラがたまに出ちゃうけどね~

ガラポン
ガラポン

ってことで今回はジョンソン(広島東洋カープ)選手についてまとめた!!

ジョンソン(広島東洋カープ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1984/10/14(35)
身長・体重193cm・93kg
ポジション投手
投・打左投・左打
年俸3億4500万
国籍アメリカ合衆国
フォームスリークォーター
球速(MAX)152km/h
球種ツーシーム、カットボール、カーブ、チェンジアップ

2006年、MLBドラフトでボストン・レッドソックスに指名される。入団してからは順調に昇格していたが、5年目のシーズンで成績を残せず放出される。

2011年、独立リーグに移籍してから結果を残し、ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約をするが、ここでも目立った活躍はできなかった。

2013年、ミネソタ・ツインズにトレードされる。チームが変わっても今回も目立った成績は残せず、シーズンオフにFAとなった。

ここまでメジャーで数試合の登板し、成績は残せなかったが、広島東洋カープはジョンソン選手の特徴であるグラウンドボールピッチャーで、打たせて抑えていくピッチングが持ち味に魅力を感じ、2014年、広島東洋カープに入団することが決まった。

 

ガラポン
ガラポン

MLBのドラフト時は評価がすこぶるよかった。結果はなかなか出ていなかったが、ポテンシャルは十分やな!!

流行りのカープアカデミーじゃないのね??

ガラポン
ガラポン

そや、ジョンソンはカープが発掘してきた選手や!!

ジョンソン(広島東洋カープ)選手のキャリアハイシーズン<2015>

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
2814勝7敗1.856.953.101.10

ジョンソンにとってキャリアハイシーズンは来日1年目の2015か。

グラウンドボールピッチャーの評価通り、ゴロの山を築く。K/9は6.95とそこまで高くない数値だが、WHIP1.10とランナーをためず、打ち取っていたことがこのデータからもわかるだろう。

BB/9が3.10とコントロールも安定しており、バッターは待てば、追い込まれるし、打ちにいけば凡打になるといったバッターにとっては悪循環に陥り打ち取られていた。ジョンソン投手としては自分の持ち味を存分に発揮した素晴らしいピッチングを続けた。

ガラポン
ガラポン

来たときは恐ろしいピッチャーが来たって感じで、全く打てる気がせんかったな!!

やっと作ったチャンスもゲッツーでハイ終了!!って感じが多かったね、兄貴!!

ガラポン
ガラポン

ほんまや、助っ人っぽくない打たせてとるピッチングで毎回安定感抜群やった!!

2019現時点での成績

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
177勝6敗2.978.042.871.27

2015、2016とカープのエース級の活躍をしていたが、2017は不調に陥り、2018も11勝を上げたが、キャリアハイのような成績とはいかなかった。

2019も序盤は撃ち込まれることが多くなかなか勝てなかったが、中盤から安定した投球が増えてきた。

コントロールは安定している。要所でいい球が投げられれば、また素晴らしい投球ができるはずだ。

チームも大型連勝、大型連敗がありながら、3位の位置につけている。

チームを更に上にあげられるか、ジョンソン投手の活躍に注目だ!!

出典「https://dot.asahi.com/dot/2016091600205.html

ジョンソン(広島東洋カープ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

ディクソン(オリックスバファローズ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
172勝0敗8S2H3.009.505.501.33

2018までは先発として活躍していた選手。2013年からオリックスバファローズの助っ人ととして長年投手陣を支えてきている。2019は6月まで2軍で調整していた。昇格後はこれまでの先発としてではなく、リリーフとして登板している。最近は安定感も出てきておりクローザーを任されている。

ジョンソン同様グラウンドボールピッチャーで個人的には先発で見たい選手の1人だが、チーム事情もあるし、リリーフとして徐々に適応能力もみせている。

今後、どのような成績を残すか注目していきたい。

出典「https://number.bunshun.jp/articles/-/831911

ハーマン(東北楽天ゴールデンイーグルス)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
324勝2敗16H3.689.823.071.09

2018は松井裕樹選手の不調もありクローザーをつとめた選手。防御率も1.99と素晴らしい成績を残した。2019の楽天東北楽天ゴールデンイーグルスのクローザーはハーマン!?松井!?と思っていたが、開幕してから松井裕樹選手が素晴らしい投球を続けているため、ハーマン選手は勝ちパターンでの起用が続いている。

ただ、ここまで撃ち込まれることも多く、防御率も3.68と2018のような安定感が少しかける。

盤石なリレーをするためにもこの選手の活躍が必要不可欠。今後の活躍に注目だ!!

出典「https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/photos/180716/spo18071621350065-p2.html

ガラポン
ガラポン

素晴らしい成績を残してきた、ジョンソン選手。しかし、年齢も35歳と1年でも長くやるためには結果が必要だ!!

2019はまずまずだね!!

ガラポン
ガラポン

そやな、シーズン終了後、どんな成績を残しているか、今から楽しみだ!!

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)