<プロ野球>広島東洋カープ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は4位に終わった広島東洋カープ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってこと今回は広島東洋カープ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 広島東洋カープの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1西川(25)1380.297641660.777
2菊池(29)1380.2614813140.719
3バティスタ(27)1030.269642600.863
4鈴木(25)1400.3358728251.018
5松山(34)1100.25949600.701
6曾澤(31)1260.277631220.826
7安部(30)1140.25428850.705
8小園(19)580.21316410.565
9

西川 龍馬【A

2019は開幕こそ3番スタメンの座を獲得したが、序盤は野間峻祥選手が起用されていたが、なかなか結果を残せずということと、田中広輔選手が絶不調に陥り、この選手が1番に座った。そこからは素晴らしい活躍をし、最終的には打率3割は切ってしまったが、打率0.297、64打点、16本塁打と素晴らしい成績を残した。チームは4位という厳しい結果になってしまったが、2020は丸佳浩選手の穴を埋められる筆頭候補になったのは間違いないだろう。

菊池 涼介【B

守備の貢献はもちろん大きい選手だが、2019も自らの役割はしっかり全うした印象だ。しかし、2018の打率0.233から0.261と上げてきたものの、個人的には0.280は最低ラインとしてもう少し頑張ってほしかった。

バティスタ【B+

2019はこの選手が3番で収まってからチームも軌道に乗り、4連覇に突き進むか!?と思ったが。まさかのドーピングによりシーズン途中で試合に出れなくなってしまった。103試合で26本塁打の長打力はもちろん、ここぞの一発は相手チームからするといるのといないのでは大きく違っただろう。2020はプレーできるのかどうか不透明であるが、カープにとっては必要な選手の1人であるのは間違いない。

鈴木 誠也【S

打率0.335、87打点、28本塁打とチームがなかなかうまくいかない中、素晴らしい成績を残し、カープの4番として維持を見せ、首位打者のタイトルも獲得。盗塁数も2018は4個だったが、そこから大幅に増やし25個を記録した。怪我により万全でなかった2018より足の状態が上向きな様子が結果からもわかる。2020は自身初のトリプルスリーを視野に再びチームを優勝に導くような活躍を期待したい。

松山 竜平【C

ここ数年、いやらしい活躍をし、勝負強い打撃で結果を残してきた選手だったが、2019は不調などもあり、打率0.259と5番打者としては厳しい結果になってしまった。年齢的にも34歳とベテランの域になってきた。こうなってしまうと絶対的なレギュラーとして計算しづらくなってしまう。2020は再び絶対的なレギュラーとして活躍するため、この悔しさをぶつけて欲しい。

曾澤 翼【A

2019も打てる捕手としてしっかり成績を残した。打率0.277、63打点、12本塁打とキャッチャーとしては十分な成績を残してくれた。現状では総合的に見ても1、2番を争う位のキャッチャーであるだろう。

安部 友裕【B-

2016にブレイクした選手だが、2018はなかなか結果を残せず、2019は巻き返してくれるかと個人的には期待していたが、2019も寂しい成績になってしまった。8本塁打とキャリアハイの本塁数を記録したが、この選手の持ち味はやはり率を残せる打撃。打率3割は打てるようなポテンシャルがあるだけに2019の打率0.254はいただけない。年齢も30歳になり、成績が安定しないためレギュラーも遠のいてしまっただろう。2020は勝負の年として挑んでほしい。

小園 海斗【B-

まさか高卒1年目のルーキーがここまでインパクトを残すとは思わなかった。打率0.213、16打点、4本塁打とまだまだとは思うが、4本塁打とパンチ力があることは証明された。木製バットの対応力は問題ないことを証明し、あとは確実性を高めていけば恐ろしい選手になりそうだ。2019は田中広輔選手の不調や怪我によりチャンスが巡ってきたわけだが、1年目での成長度合いを見ると、2020は上位を打つまで成長している可能性もある。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

西川 龍馬選手

出典「http://yakyuzuki.com/nishikawaryoma-114

小園 海斗選手

出典「https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=556718&comment_sub_id=0&category_id=123

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

田中広輔選手

出典「http://www.ad-vank.com/2016/10/17/post-5310/

松山 竜平選手

出典「https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/04/13/0010093373.shtml

補強ポイント

外野陣

丸佳浩(30)選手が抜け、2019シーズン前から補強ポイントであったが、野間峻祥(26)選手を筆頭に現有戦力で埋める方向でシーズンを迎えた。しかし、シーズンが始まると計算していた松山竜平(34)選手と活躍を期待されていた野間峻祥選手がいずれも結果がついてこなかった。西川龍馬(25)選手が結果を残したが、松山竜平選手の年齢を考えると即戦力とはいかないまでも外野手の補強はしていく必要がある。

サードorセカンドの選手

ショートは小園海斗(19)選手が1年目にして頭角を現してくれた。サードはシーズン終盤まで絶対的なレギュラーは現れず、候補だった安部友裕(30)は微妙に終わり、シーズン終盤では助っ人のメヒア(26)を起用した。セカンドは菊池涼介(29)選手の動向次第ということもあるが、層が薄いのは間違いない。田中広輔(30)選手をサードにコンバートするというのも1つかもしれないが、いずれにしてもサード、セカンドの選手の層を厚くするためにも補強する必要がありそうだ。

総合評価&まとめ

総合評価:B

2019は4連覇を目指してのシーズンだったが、結果はBクラスの4位。丸佳浩選手の穴は大きかったかもしれいなが、それ以上に田中広輔選手、バティスタ選手の離脱は大きかったと感じる。ポジション的にはバランスが取れてはいるが、2020は首位奪還のため、外野陣のレギュラー候補、内野陣の層の薄さの解消が補強ポイントとなりそうだ。

ガラポン
ガラポン

レギュラークラスの選手の不調と怪我が多いシーズンになってしまったな。

カメQ
カメQ

そういったことも踏まえると全体的な層の薄さが露呈してしまった。

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)