<プロ野球>広島東洋カープ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は4位に終わった広島東洋カープ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は広島東洋カープ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!

スポンサーリンク

2019シーズン 広島東洋カープの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
ジョンソン(35)2711勝8敗2.597.583.331.2159
床田(24)257勝6敗2.966.513.091.2863
大瀬良(28)2611勝9敗3.537.061.821.2264
久里(28)278勝8敗3H3.517.323.131.2547
野村(30)186勝5敗4.066.143.211.3656
アドゥワ(21)193勝5敗4.325.112.651.4050

ジョンソン【A

沢村賞助っ人左腕。2017年は6勝に終わったが、2018は11勝を上げ、復活の兆しを見せたジョンソン選手。2019は再びチームを優勝に導く投球をしてくれるか注目していた。結果的にはチームは4位だったが、自身は防御率2.59で11勝を上げ素晴らしい活躍をした。35歳とベテランの域になってきたが、まだまだ衰えを見せない。2020は首位奪還のため、更なる活躍を期待したい。

床田 寛樹【B+

トミージョン手術からの復活を目指す即戦力左腕。2017年はルーキーイヤーながら開幕ローテを掴んだ選手。その後、トミージョン手術を受け、リハビリを行ってきた。2019は復活を果たすべくどんな成績を残すか注目していた。4月で4勝を上げるなど素晴らしいスタートを切った。最終的には7勝にとどまったが、防御率2.96と安定感を見せた。2020は年間を通して安定した投球し、カープの左のエースとなれるよう成長してほしい。

大瀬良 大地【B

2018年開花しカープの右のエースに成長した右腕。2018年は15勝を上げ最多勝のタイトルを獲得した。2019もカープのエースとしてどんな活躍をするか楽しみにしていた選手。2019の開幕戦はジャイアンツのエース菅野投手との投げ合いを制し、より期待感が膨らんだ。5月までに5勝を上げ素晴らしいスタートを切ったが、中盤から崩れることが目立った。最終的には11勝を上げたが、防御率3.53と安定感に欠けた。2020は2018のような安定感抜群の投球をみせてほしい。

久里 亜蓮【B

結果を残しているが、なぜかローテ入りできない不運な亜蓮。先発として結果を残すが、なぜかローテをがっちりつかめないでいる選手。2019は開幕からローテを勝ち取ってどんな活躍をするか楽しみにしていた。しかし、2019もやはり完全なローテとはいかず。(なぜ??)しかし、困った時の久里選手!!なのか、中盤から終盤にかけてはローテをしっかりと守り切った。8勝にとどまったが、開幕当初からローテを任せれば二桁もいけるはずだ。2020は確実なローテ入りに期待したい。

野村 祐輔【C

2018は少し苦しんだ新人王投手。ルーキーから常に活躍してきた選手だが、2018は少し苦しいシーズンになった。2019はこの悔しさをバネにどんな成績を残すか楽しみにしていた。しかし、最終的には6勝に終わり、防御率4.06と2年連続で防御率4点台と安定感を欠いた。2019はFA権を取得したが、カープに残留を決めた。2020は大瀬良選手との右のダブルエースとして復活してほしい。

アドゥワ 誠【C

2年目に突如現れたナイジェリア人の父を持つハーフ右腕。ドラフト5位と上位指名ではなかったにも関わらず2年目にリリーフとして一気に開花した選手。2019は先発転向とのことでシーズン前から先発としての調整をして開幕を迎えた。シーズン序盤は完投するなど2勝を上げ、上々なスタートを切ったが、中盤から撃ち込まれることも増え、3勝に終わり防御率4.32と悔しい結果に終わった。2020はリリーフで行くのか、先発で行くのかわからないが、年齢も若く、まだまだ成長できる。どちらで勝負するのか注目だ。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
菊池(30)581勝3敗15H2.806.343.391.02
レグナルド(31)526勝3敗15H3.3410.165.161.47
中村(30)430勝1敗12H2.6411.773.451.08
中崎(27)363勝3敗5H9S4.085.864.331.73
遠藤(20)341勝1敗6H1S3.168.025.271.43
一岡(28)330勝0敗16H2.905.232.901.26

菊池 保則【A

期待されながら結果が出せずイーグルスからトレードでやってきた選手。高卒1年目から1軍登録をされるなど期待値が高かった選手。そんな選手だったが、なかなか結果を出せなかったり、怪我があったりとイーグルスではほとんど目立った成績を残せなかった。2019はチームも変わり心機一転どんな成績を残すか注目していた。結果的にはチーム2位の58試合に登板し、防御率2.80と素晴らしい成績を残した。開幕当初こそビハインド場面での登板が多かったが、徐々に信頼を勝ち取り、終盤にはいなくてはならない存在に成長。2020もフル回転してほしい。

レグナルド【B

来日1年目のパワーカーブが持ち味の左腕助っ人。助っ人は未知数でどんな成績を残すか楽しみにしていた選手。シーズン序盤は恐ろしい活躍を見せた。6月までは防御率0点台と出てくれば相手チームはthe endって感じだった。しかし、それ以降はなぜか撃ち込まれ始め、0点台だった防御率も最終的には3.34でシーズンを終えた。カープは2020は契約をしないとのことですが、前半戦で通用することを証明したこともあり、他球団が獲得してもよさそうだと思うが。

中村 恭平【A

150kmを超えるストレートが持ち味の左腕。ポテンシャルは抜群の選手だが、制球難により結果を出せずにいた。しかし2019は素晴らしい活躍をした。43試合に登板し、防御率2.64とリリーフ陣を支えた。またK/9が11.77と大幅に上昇した。2020は左腕リリーフエースの座を勝ち取ってほしい。

中崎 翔太【C

通算115S上げているカープの絶対的クローザー。2018は不安定な時期がありながらも32Sを上げ、チームを見事リーグ優勝に導いた。2019もクローザーとして期待していた選手。しかし、2019は開幕当初から撃ち込まれ、1軍、2軍をいったりきたりしたが、8/26日に抹消されそのままシーズンを終えた。シーズン終了後に膝の手術を行ったことからも怪我を推して出場していたのかもしれない。2020は身体を万全にし、再びカープのクローザーとして活躍してほしい。

遠藤 淳志【B+

2019開幕前から個人的にかなり注目していた2年目右腕。なんといっても魅力はストレートで、2019はビハインド場面から登板を重ねられればいいなぁと思っていたが、終盤では勝利の方程式の一角を任せられるほど成長した。最終的には34試合に登板し、防御率3.16と2年目とは思えない素晴らしい成績を残した。2020は開幕1軍はもちろん、年間を通して勝利の方程式を担えれるよう頑張ってほしい。

一岡 竜司【B-

2年連続50試合以上を登板しているジャイアンツから人的補償でやってきた今やカープのリリーフエース。実績も十分な選手で2019もカープのリリーフエースとして活躍を期待された選手。2019もシーズン序盤から素晴らしい活躍をしていた選手だったが、7月に入ると撃ち込まれることが増え、コンディション不良で登録抹消された。その後1軍に戻ってきたが、本調子とはいかずシーズンを終えた。2020は身体を万全な状態に戻し、リリーフエースとして年間を通した活躍を期待したい。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
フランスワ(26)678勝6敗18H12S2.7611.804.021.21

フランスワ【B+

2018シーズン途中に出現した剛腕左腕。2018は試合終了を告げることができるほど、素晴らしい活躍をした。2019は開幕からいるということで年間を通してどんな活躍をするか楽しみにしていた選手。しかし、シーズン序盤は撃ち込まれることがあり、2018はなんだったのか!?って思いましたが、その後はしっかり調整し、離脱した中崎の代わりにクローザーをつとめることも多くなった。シーズン終盤には疲れを見せたが、結果的には67試合とチーム最多の登板をした。チーム事情で回またぎをすることもあり、可哀そうな面もあった。2020はやはり、勝負ポイントでの役割を担ってほしい。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

床田 寛樹

遠藤 淳志

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

野村 祐輔

中崎 翔太

補強ポイント

実績のある先発ができる投手の補強

主なローテーション投手の他にも、岡田明丈(26)選手、高橋昂也(21)選手、山口翔(20)選手と頭数はそこそこいる。しかし、計算できるほどまだ実績は不十分で、2019のように実績のある野村選手が思ったように活躍出来ないこともある。そんな中ではもう1、2枚実績のある投手の補強をしたいところだ。(カープはFAはおそらくないので、助っ人、あるいはトレード中心になるとは思うが。)

左のリリーフの補強

リリーフ陣も年齢、右、左とバランスの取れた陣容だ。そんな中で若干弱いのは左のリリーフ。2019開幕前もウィークポイントを埋めるべく、レグナルド選手を獲得したはずだ。シーズン序盤活躍していただけに2020の契約をしないことは少し驚いたが、もしかしたらそれ以上に期待できる助っ人やトレードにより補強できる目処がたったのかもしれない。まだわからないが、左のリリーフを2020開幕前には補強しておきたいところだ。

総合評価

総合評価:B

ローテーション、リリーフともに実績のある選手が不調や怪我で離脱する中、若い選手を中心に頑張った印象だ。これは2020に必ず戦力upとして+に働くだろう。チーム防御率もリーグ2位と素晴らしい。実績のある選手はしっかりと調整し、2019に経験を積んだ若手はしっかりと2020に繋げ、補強ポイントをしっかり補強できれば、試合を壊さず、リーグ優勝した時のように逆転のカープが2020は見れるかもしれない。

ガラポン
ガラポン

4連覇とはいかなかったが、手ごわい印象は変わらないな。

カメQ
カメQ

2020は逆襲あるね。

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、よかったらみてください!!

 

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)