<プロ野球>横浜DNAベイスターズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は2位に終わった横浜DNAベイスターズ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は横浜DNAベイスターズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!

スポンサーリンク

2019シーズン 横浜DNAベイスターズの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
今永(26)2513勝7敗2.919.852.961.0868
上茶谷(23)257勝6敗3.966.853.431.4038
濵口(24)176勝5敗3.179.294.151.1856
平良(24)155勝6敗4.117.072.191.2143
大貫(25)156勝5敗5.007.293.381.5927
井納(33)154勝5敗4.766.433.601.4621

今永 昇太【A

ベイスターズのエース左腕。2018はビックリするぐらい期待外れな成績に終わった。2019はこの悔しさをバネにどんな成績を残すか楽しみにしていた選手。結果的には13勝を上げ、防御率も2.91と素晴らしい結果を残した。2018に大活躍した東選手が怪我でほとんど登板できなかったが、代わりにしっかりと穴を埋めた。(まぁ、これくらいやって当然の実力の持ち主だが。)プレミア12にも選ばれた。2020は日本の左腕エースを目指してほしい。

上茶谷 大河【B-

ルーキーイヤーとなった2018ドラ1右腕。すでに完成されたような素晴らしい選手で、ルーキーイヤーながらドラ1ということもありローテを獲得した。結果的にはプロ初勝利を含む7勝を上げ、自身初の完封勝利も記録した。シーズン後半になると徐々に打たれるケースが増えたのは体力的な問題か。2020はフルシーズンしっかり乗り切れる体力をつけ、二桁勝利を目指してほしい。

濵口 遥大【B

ルーキーイヤーに二桁勝利を記録した小さな剛腕左腕。2018は1年目より大きく成績を落とし5勝にとどまった。2019は悔しさをぶつける年となった。シーズン序盤で完封勝利を記録するなど素晴らしい出だしだったが、打球を食らい2軍を落ちした。その後1軍に上がったが、好不調の波が激しく、結果的には6勝に終わった。ハマったときは無双するが、ダメなときはすぐに撃ち込まれてしまう。2020は悪い時でも安定したピッチングができるようになってほしい。

平良 拳太郎【B-

変則フォームから投げ込むジャイアンツから人的補償でやってきた右腕。2019は開幕こそローテを獲得できなかったが、序盤で1軍に上がった。しかし安定したピッチングができず、1、2軍を行ったり来たりした。結果的に5勝にとどまり、2018同様の勝ち星になった。2019はローテを勝ち取る年となっていただけに残念。2020はローテ争いもより激しくなるだろう。ローテに食い込めるか注目だ。

大貫 晋一【C

2018ドラ3の即戦力オールド右腕。シーズン序盤でプロ初勝利を記録したが、1、2軍を行ったりきたりし、結果的には6勝、防御率5.00とシーズン序盤ではそこそこ安定していたが、後半大きく崩れた。序盤は大きく曲がるツーシームがいいところに決まり三振も取れていたが、後半は制球が乱れたのか大きく崩れたのはこれも原因の1つか。2020は右腕が少ないチームの中でローテを確保できるか、注目だ。

井納 翔一【C

実績のある宇宙人右腕。2018シーズンオフにクリーニング手術を受けた。2019はベテランの域に差し掛かってきて、どんな成績を残すか注目していた選手。結果的には1、2軍を行ったり来たりで4勝にとどまり、防御率も4.76と安定感を欠いた。ベテランが少ないチームで若手が勢いがある中、2020はベテランとしてチームを支えてほしい。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
エスコバー(27)745勝4敗33H2.5110.512.871.12
三嶋(29)715勝4敗23H4.337.683.841.35
国吉(28)535勝3敗9H4.8010.513.631.30
パットン(31)420勝3敗22H5.1511.055.401.64
石田(26)404勝1敗10H2.149.842.651.12
藤岡(34)321勝0敗1H1.867.144.661.45

エスコバー【A

「男は黙って投げるだけ」の助っ人剛腕左腕。2018に53試合に登板し、一気にベイスターズのリリーフ陣にはいなくてはならない存在になった選手。2019も同様の活躍が期待された。結果的には2018の登板数を大きく超える74試合に登板し、防御率も2.51と2018よりも向上した。三振を取れる能力が高く、左腕でスピードもでるってことでかなり酷使されたイメージだ。2020もいなくてはならない存在だけに、オフはしっかりと体のケアに専念してほしい。

三嶋 一輝【C

ポーカーフェイス右腕。2018はリリーフとして60試合に登板し、リリーフ陣を支えた。2019はより安定感のあるピッチングができるか注目していた選手。結果的には2018の60試合を大きく超える71試合に登板し、エスコバー選手とともにリリーフ陣を支えた。防御率4.33と2019も若干安定感を欠いたが、2020も必要な戦力であることは間違いないだろう。

国吉 佑樹【C

MAX161km育成出身長身右腕。2018は13試合にとどまり悔しいシーズンとなった。しかし、2019はインパクトを残すシーズンとなった。自己MAX157km/hだったストレートを一気に塗り替える161km/hを記録し、大きな話題となった。成績も53試合に登板し、リリーフ陣を支えた。しかし防御率4.80と安定感に欠いた。2020はより安定感を出し、勝利の方程式の一角として活躍してほしい。

パットン【D

2年連続で55試合以上投げる情熱的な剛腕右腕。ベイスターズのリリーフエースとして2019も同様の活躍を期待した選手。しかしシーズン序盤は安定感を欠き、撃ち込まれるケースが目立った。中盤にかけては本来のピッチングを取り戻し、チームも優勝を狙えるぞ!!って時に冷蔵庫にパンチ!!。。。骨折しシーズンをほぼ棒に振った。チームが上昇気流に乗りかけていただけにかなり痛い離脱となった。2020はぜひ、パンチせず、フルシーズンの活躍を期待したい。

石田 健大【A

選手会長になったMAX151km/h左腕。2018は期待されながら、3勝にとどまった選手。2019は悔しさをぶつける年となるはずだったが、オープン戦で怪我をしてしまい出遅れてしまう。その後、1軍に昇格するもリリーフとしての起用だった。しかし、そこから素晴らしい活躍を見せた。そこから先発に何度か戻ったが、手薄なリリーフを補うためまたリリーフとして活躍した。結果的に40試合に登板し、10H、防御率2.14を記録した。2020はおそらく先発として調整すると思うが、リリーフ適正もあることを証明し、チームとしても作戦の幅が広がったのは間違いないだろう。

藤岡 好明【A

すでに3チームで活躍する苦労人右腕。近年なかなか1軍での活躍ができず34歳で2019を迎えた。結果的にはビハインドの場面での登板が多くを占めたが、32試合に登板し、防御率1.86と素晴らしい成績を残した。年齢的なこともあるが、おそらく2020も「何でも屋」の位置で必ず必要になる場面があるはずだ。2020も活躍を期待したい。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
山﨑(27)613勝2敗4H30S1.958.102.851.05

山﨑 康晃【S

ベイスターズの絶対的クローザー。ルーキーイヤーからすでに通算150Sを上げている恐ろしい選手。2019も同様の活躍が期待された。結果的には30S、防御率1.95と抜群の安定感を見せてくれた。30Sは若干少ないイメージだが、チーム状況もあるだろう。プレミア12でも絶対的クローザーとして活躍し、2019に関しては文句なしの結果といっていいだろう。2020オフにメジャー挑戦の希望も表明。そのためにも2020も2019同様レベルの結果を残したいところだ。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

山﨑 康晃

エスコバー

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

東 克樹

パットン

補強ポイント

イニングを稼げる先発の補強

2019は今永(26)選手、上茶谷(23)選手の2人以外は100イニング以上を投げることができなかった。若手で期待したい選手が多いが、中堅どころで実績のあるピッチャーがいない。先発が短いイニングで代わることで、リリーフ陣に負担が大きいのも気になる点だ。できれば2人ぐらいは助っ人やトレードで補強したいところだ。

右のリリーフエース級の補強

2019は左はエスコバー(27)選手、石田(26)選手が活躍し、2018に多く登板した砂田(24)選手、2年目の櫻井(20)選手など候補はいる。右に関しては、2019は三嶋(29)選手、国吉(28)選手など多く登板はしたものの成績的には勝利の方程式としてはまだ計算できる成績とは言えない。パットン(31)選手が万全であれば多少安心だが、できれば1枚勝利の方程式を任せられる選手を補強したいところだ。

総合評価

総合評価:C

リーグ5位のチーム防御率だったことからも投手陣が足を引っ張ってしまったのは明白だろう。しかし、先発陣がなかなか長いイニングをこなせない中、接戦に持ち込み勝利を引き寄せたのは、リリーフ陣が奮闘したともいえる。ローテを整備することで、本当の意味で優勝争いができるチームになるはずだ。

ガラポン
ガラポン

ローテが苦労したことで、リリーフに大きな負担がかかってしまった。

カメQ
カメQ

期待できる若手が多いだけに2020は一気に優勝もある!?

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、よかったらみてください!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)