<プロ野球>中日ドラゴンズ アリエル・マルティネス選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

育成から這い上がってきた助っ人キャッチャー!!

魔人
魔人

A・マルティネス(中日ドラゴンズ)選手はどんな選手なんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回はA・マルティネス(中日ドラゴンズ)選手についてまとめた!!

スポンサーリンク

A・マルティネス(中日ドラゴンズ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1996/5/28(24)
背番号57
身長・体重190cm・95kg
ポジション捕手
投・打右投・右打
年俸1000万
経歴コマンダンテ・マヌエル・ピティ・ファハルド体育大→ココドゥリロス・デ・マタンサス
ドラフト

【経歴】

【大学時代】

コマンダンテ・マヌエル・ピティ・ファハルド体育大学に入学し、卒業

【社会人】

キューバの地元チーム「ココドゥリロス・デ・マタンサス」に加入

中日ドラゴンズの巡回コーチを務めるオマール・リナレスから評価され、育成選手契約された。背番号は「210」。登録名はA.マルティネス。

【プロ】

2018:2軍で育成され、39試合で打率0.239、9打点、0本塁打を記録

2019:2軍で育成され、52試合で打率0.257、21打点、2本塁打を記録

2020:支配下登録を勝ち取り、背番号は「57」に変更。2020/7/5に初スタメンを記録し、打撃では初安打を含む猛打賞も記録

【スペック】

ミート力パワー走力肩力守備力
DDCAA

A・マルティネス(中日ドラゴンズ)選手のアピールポイント(特徴)

助っ人離れしたしっかりした守備と日本人離れした強肩

キャリアハイシーズンの成績

試合数打率打点本塁打盗塁OPS

2020に支配下登録された選手なため、キャリアハイシーズンはありません。

ライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

清水優心(北海道日本ハムファイターズ)選手

太田光(東北楽天ゴールデンイーグルス)選手

まとめ

ミート力:D

2軍では2018、2019は打率0.250前後だったが、2020は数試合ではあるが打率0.500超え。1軍でもこちらも数試合だが、0.500と現状はD評価だが、上がる可能性大。

パワー:D

キューバ人助っ人ということで、パワーがあるのかと思いきや2軍で2018、2019で通算2本。しかし、2020は3試合で2本と覚醒を見せている。ミート力同様評価が上がる可能性大。

走力:C

実際の映像は見れていないが、2軍では盗塁を決めていたり、盗塁死にはなっているが試みているところからも全く走れない選手ではなさそうだ。走力に関してはまだ未知数。

肩力:A

1軍の試合で足が魅力な吉川選手を完璧な送球で完全なアウトを奪って見せた。肩力に関してはA以上の評価が今後も期待できそうだ。

守備力:A

落ちる球をしっかり身体を止めており、守備力に関しては助っ人ながら、育成で契約したということもあり、日本の指導がしっかり行き届いているように見えた。こちらも肩力同様A以上の評価が今後も期待できそうだ。

総評

キャッチャーでしかも助っ人ということで、コミュニケーションが1番の課題と言われそうだが、そこは2年間日本のプロ野球を経験しており、キャッチャーとして生きていくために本人もその部分は意識してきたに違いない。1軍に出てきたばかりで未知数な部分が多い選手だが、守備に関しては問題はなさそうだ。あとはバッティング。バッティングでアピールできれば、ドラゴンズの正捕手に一気に登りつめそうな予感だ。

 

ガラポン
ガラポン

美人奥さんがいるとのこと!!(結婚はしてないらしい!?)

魔人
魔人

キャッチャー助っ人なんて、ロマンやないか。

ガラポン
ガラポン

今後、どんな活躍をするか楽しみだ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)