<プロ野球>中日ドラゴンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は5位に終わった中日ドラゴンズ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は中日ドラゴンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 中日ドラゴンズの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1大島(34)1430.312453300.756
2京田(25)1400.249403170.615
3福田(31)1050.287661800.877
4ビシエド(30)1430.315931820.870
5高橋(25)1170.29359730.776
6阿部(30)1290.29159710.742
7平田(31)950.27832830.775
8加藤(27)920.22813000.543
9

大島洋平【A+

開幕こそ2番スタメンでの出場だったが、主に3番での出場が増え、平田選手が怪我により離脱後は1番を打ち、チームを引っ張った。主力選手が怪我による離脱が多い中、34歳という年齢ながら全143試合に出場した。ベテランの域に入っている選手であるが、打率3割をクリアし、盗塁数も30盗塁とまだまだ自慢の脚力も健在だ。

京田陽太【B

140試合とほぼフル出場した。開幕前は根尾昂選手がドラフト1位で指名され、色々と言われていたが、結果は残した。守備力に関してはピカイチなものがあるが、やはりバッティングは2019も微妙な結果になってしまった。盗塁できる足があるが打率がなかなか上がってこないため、生かし切れていない。2020はショートのレギュラーを確固となる場所にするためにも打撃向上がカギとなる。

福田永将【A

105試合ながら打率0.287、66打点、18本塁打とキャリアハイといっていいシーズンを過ごした。シーズン序盤はなかなかスタメンでの出場がなかったが、徐々に出場機会を増やし、シーズン終盤ではクリーンナップの一角としていなくては困る選手の1人に成長した。2020は開幕からレギュラーとしてフルシーズンでの活躍を期待したい。

ビシエド【A+

2018は首位打者のタイトルを獲得した選手は2019も打率0.315と素晴らしい成績を残した。また怪我人が多い中、大島洋平選手とともに143試合の全試合出場したのも評価できる。2019シーズン前にも言ったが、やはり助っ人としてもう少しホームランを増やしたいところ。ナゴヤドームが広いということはあるが、チームの残塁が目立ったシーズンだったこともあり、この選手の一発の増加で一気にチームはAクラス入りも可能だろう。

 

高橋周平【A

期待され続けた男がやっと開花した。序盤からチームを引っ張った。月間MVPを獲得するなど、一時は首位打者の可能性もあったが、怪我による離脱は痛かった。シーズン終盤で復帰し、最終的には打率0.293と3割は切ってしまったものの、2020のサードは間違いなくこの選手が名を連ねるのは間違いないだろう。

阿部寿樹【A

社会人からの入団ということもあり即戦力の意味合いが強かった選手だが入団してから3年間はほとんど1軍で目立った活躍ができなかった。しかし2019は開幕スタメンを勝ち取ると勝負強いバッティングを随所に見せチームの勝利に大きく貢献した。打率0.291、59打点と成績的にも素晴らしい成績を残した。20220のセカンドのレギュラーはこの選手で間違いないだろう。

平田良介【C

2018は打率0.329と高打率を残した選手は2019も1番としてスタメンに名を連ねた。しかし怪我が多く、1年通してチームになかなか貢献できなかった。ドラゴンズの顔である選手ではあるが、外野では福田永将選手が活躍し、完全にレギュラーを保証されない状況になった。2020は怪我しない体を作り、2019の悔しさをぶつけて欲しい。

加藤匠馬【B

5年目を迎えた選手だったが、2019は開幕スタメンを勝ち取った。持ち前の肩の強さを随所に見せ、チームを助ける場面もあった。92試合に出場し、中日ドラゴンズの正捕手として一歩リードした。2020は守備面はもちろんだが、もう少し打撃の向上ができればより正捕手に近づけるはずだ。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

高橋周平選手

出典:「https://akaiakina.diarynote.jp/201605011351455214/

阿部寿樹選手

出典「https://dragons-camera.at.webry.info/201909/article_2.html

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

平田良介選手

出典「https://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E5%B9%B3%E7%94%B0%E8%89%AF%E4%BB%8B/

アルモンテ選手

出典「https://ovo.kyodo.co.jp/flash/a-1146283

補強ポイント

外野陣

全ポジションでしっかりレギュラーとなる格が揃ってきたドラゴンズ。そんな中で外野陣は大島洋平(34)選手、平田良介(31)、福田永将(31)選手、アルモンテ(30)選手など、軒並み30歳を超えてきた。まだまだ脂ののった時期としては2~3年は行けるかもしれないが、そういった状況の中で若手を育てておきたい。候補としては2019に渡辺勝(26)選手、伊藤康祐(19)選手などが数試合出場はしたが、補強ポイントとしてはほかのポジションよりは優先するべきだろう。

セカンドorファーストの選手

セカンドでは阿部寿樹(30)選手が2019にブレイクし、ファーストではビシエド(30)選手がいるため、安泰だが、こちらも外野陣同様、数年後を見据えて補強をしておきたいところだ。ショートに関しては京田陽太(25)選手がおり、2018には根尾昂(19)選手を見事獲得できたため、こちらはとりあず安泰だろう。サードに関しても高橋周平(25)選手がおり、年齢的にも若く、バックアップとしても福田永将(31)選手や堂上直倫(31)選手など、経験も豊富な選手が多いため、セカンド、ファーストを優先していくべきだろう。

総合評価&まとめ

総合評価:A

全てのポジションに置いてしっかりとしたレギュラー格が揃ってきたドラゴンズ。どのポジションの選手も打撃に関しては一定の成績を残しており、2020年以降、怪我人を最小限に抑えることができればAクラスも狙えそうな打線を持っている。そんな中で常に上位を狙えるチームにするためにも若干高齢化してきた外野陣、セカンド、ファーストを中心に補強していくのがベストだろう。

ガラポン
ガラポン

ひと昔は守り抜く野球で常勝軍団を気づいていたイメージだが、最近は打線が凄くいいイメージだ。

カメQ
カメQ

ピッチャーも若くていきのいい選手が多く出てきたな!!

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)