<プロ野球>中日ドラゴンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は5位に終わった中日ドラゴンズ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は中日ドラゴンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!


スポンサーリンク

2019シーズン 中日ドラゴンズの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
大野(31)239勝8敗2.587.902.180.9872
柳(25)2511勝7敗3.537.702.001.1969
ロメロ(28)218勝10敗4.268.124.261.3857
山井(41)133勝5敗4.855.123.321.3815
山本(19)93勝3敗2.985.364.761.3943
梅津(23)64勝1敗2.868.832.861.1367

大野 雄大【A

2018は自身にとっても辛い1年となったドラゴンズの左のエース。2019は2018の悔しさをぶつけたい年だったはずだ。9勝と10桁勝利に届かなったものの、防御率2.58と自身初となる最優秀防御率のタイトルを獲得した。個人的には投手部門のタイトルで最優秀防御率は1番評価できるタイトルと考える。年間を通して1番点数を取られなかった証明だ。2020もドラゴンズの左のエースとして君臨し、10桁勝利はもちろん、エースとして15勝を目標に頑張ってほしい。

柳 裕也【B+

入団時から期待されているドラゴンズの右のエース候補。2017、2018と期待されながらも怪我などでなかなか結果を出せずに悔しい思いをしていた選手。2019はその悔しさをぶつけたかのような結果を残した。シーズン前は10勝を目標に!!と期待していが、見事11勝を上げてくれた。しかし、シーズン終盤は撃ち込まれることが増えてしまった。2020は年間を通して安定した投球を見せて欲しい。

ロメロ【B

ガルシア選手がタイガースに移籍し、その穴を埋めるために来た感情むき出しのドミニカン助っ人。2019は来日1年目で未知数だったが、ドラゴンズは助っ人を上手に獲得してくることもあり、期待値も大きかったはずだ。4月は素晴らしいスタートを切ったが、徐々に打たれることも増え、被本塁打も19本と150km/hを超えるストレートがありながら意外と長打をくらう結果になった。すでに残留が決まったことからもチームからの評価は高いはずだ。2020は2019の経験を生かし、よりいい成績を残すことに期待したい。

山井 大介【D

日本シリーズで完全試合未遂をした41歳の大ベテラン投手。2019も困ったときの山井!!と言わんばかりに怪我人などでローテの穴埋め的な働きで存在感を示した。3勝で防御率4.85と数字的にはいいとは言えないが、若手が多いピッチャー陣の中で貴重なベテランとして若手にいい影響を与えているはずだ。2020は期待のできる若手が多くいる中、どんな存在感を示してくれるか楽しみだ。

山本 拓実【B

小さな体から放たれる強気なピッチングをする2年目ピッチャー。1軍、2軍を行ったり来たりしたが、高卒2年目ながら3勝を上げた。出場試合も9試合ながら防御率2.98と安定した結果を残した。打たれた後には悔しい顔をみせるなど、負けん気も強そうだ。2020はローテの一角を奪い、年間通してローテを守ってほしい。

梅津 晃大【B

ルーキーイヤーとなったポテンシャル抜群の長身ピッチャー。個人的にドラフト時では大学ピッチャーの中では1番活躍すると思っていた投手。どんな活躍をするか楽しみにしていた。怪我により出遅れてしまうが、8月に初登板し初勝利を飾るなどし最終的には4勝を上げた。2020はローテはもちろん、10桁勝利も期待できるはずだ。どんな成績を残すか楽しみだ。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
ロドリゲス(28)643勝4敗41H1S1.6411.492.090.93
福(27)522勝0敗18H2.059.062.731.04
祖父江(32)443勝4敗3H1S3.115.242.721.21
R.マルティネス(23)431勝4敗14H8S2.6610.623.101.18
谷元(34)380勝1敗13H5.227.366.441.77
藤嶋(21)320勝2敗14H2.4810.862.170.90

ロドリゲス【S

2018シーズン途中に加入した剛腕左腕。2018の活躍により2019は勝利の方程式の一角として期待した選手。怪我により少しの間離脱はあったものの64試合を投げ、防御率1.64と手の付けられない素晴らしい成績を残し最優秀中継ぎ賞のタイトルも獲得した。2020は残留が決まってないがmドラゴンズにとっては200%いてくれなくては困る存在だ。

福 敬登【A

怪我から復活してきた左腕。2018は1試合にとどまってしまい悔しいシーズンだったが、2019は素晴らしい活躍をした。開幕こそ1軍とはならなかったが、シーズン序盤で1軍に登録されると、そこからはリリーフとしてなくてはならない存在に。最終的に52試合に投げ、防御率2.05の成績を残した。2020は開幕1軍はもちろん、貴重な左ピとしても勝ちゲームでの起用を期待したい。

祖父江 大輔【B+

気持ちのこもった投球が持ち味の右腕。2018はドラゴンズのリリーフを引っ張り、2019も活躍を期待した選手。結果的に44試合に登板し、防御率3.11と2019も安定した成績を残した。2020もなくてはならない存在のはずだが、契約で球団と若干もめていた。ブルペン陣を支えているだけにもう少し評価してあげてもいいかと思うが。2020は球団に文句を言われないくらいの成績を期待したい。(funはきっとすでに評価してくれてると思うが。)

R.マルティネス【A

2018から支配下登録された謎の多いキューバ右腕。2018は7試合に登板したが、防御率6.65と結果を残せなかった。2019はどんな活躍をするか楽しみではあったが、えぐい成績を残した。43試合に投げ、防御率2.66とドラゴンズにとっていなくてはならない存在に。最終的には8Sも上げ、不調に終わった鈴木選手の代役としても活躍した。2020は勝利の方程式の一角としてチームを数多く勝利に導いてほしい。

谷元 圭介【D

金銭トレードによりドラゴンズに加入した元ファイターズのリリーフピッチャー。ファイターズ時代ではリリーフとして活躍していたが、ドラゴンズに移籍してからは思ったような成績を残せていない。2019は38試合に登板したが、防御率5.22と厳しい結果になった。先発、リリーフ共に若手の力が伸びてきているだけに、2020はまずは1軍に割って入れるかどうかが見ものだ。

藤嶋 健人【A

2018は先発として3勝を上げた3年目の選手。2019は2018に血行障害の手術により、復帰が不透明なままシーズンを迎えた。しかし、急激な回復を見せ、7月に1軍に昇格すると、リリーフとして大活躍した。勝ちゲームでの起用が増え、最終的には32試合になげ、防御率2.48の成績を残した。先発時でも結果を残していただけに、2020はどちらで勝負するのかわからないが、いずれにせよ、活躍が大いに期待される選手の1人だろう。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
岡田(28)533勝2敗7H13S3.589.482.501.15

岡田 俊哉【B

当初は鈴木博志選手がつとめるポジションだったはずだが、撃ち込まれることが多く最終的にはこの選手がクローザーとして起用された。防御率3.58とクローザーとしては物足りない成績だが、チームの期待のクローザーを欠く中、穴埋めをしたのは評価できる。2020は左腕ということもあり、ワンポイントとはいかなくてもここぞの火消し役を担ってほしい。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

大野 雄大

出典「https://s.webry.info/sp/dragons-camera.at.webry.info/201409/article_12.html

ロドリゲス

出典「https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201908/CK2019082302100062.html

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

鈴木 博志

出典:「http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018040502000080.html

佐藤 優

出典:「http://www.central-dragons.com/archives/10972532.html

補強ポイント

実績のある先発ができる投手

12球団をみても、1.2位を争うくらい生きのいい若手が多く出てきた。2019は梅津晃大(23)選手、山本拓実(19)選手が頭角を現した。2019はそこまで活躍出来なかったが、笠原祥太郎(24)選手、小笠原慎之介(22)選手、清水達也(20)選手など期待できる選手がごろごろいる。そんな中、怪我であったり期待通り活躍出来ないことを想定し、ある程度プロで実績のある選手を獲得することで、より盤石な投手陣を形成できるはずだ。

実績のあるリリーフ投手

先発陣と同様でこちらも期待のできる若手が多くいる。2019は藤嶋健人(21)選手が活躍した。2019は活躍出来なかった鈴木博志(22)選手、佐藤優(26)選手などがいる。先発陣と同じになってしまうが、リリーフに置いても実績のある選手を補強し、万が一に備えて盤石な状態を形成しておきたいところだ。

総合評価

総合評価:B+

チームは5位だったが、チーム防御率は3位と結果を残した。しかも、これまで実績のある選手だけでなく、若手が結果を残した。先発、リリーフ共に左右のバランスもよく、期待できる選手が多くいる。上記でも言ったが、2020には実績のある選手を補強できれば、Aクラスはかたいと考える。

ガラポン
ガラポン

本当に羨ましいほど、期待のできる若手が多くでてきた!!

カメQ
カメQ

2019も石川君は出てこなかったね。。。

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、宜しくお願いしますっ!!

 

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)