<プロ野球>北海道日本ハムファイターズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は5位に終わった北海道日本ハムファイターズ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は北海道日本ハムファイターズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 北海道日本ハムファイターズの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1西川(27)1420.288415190.779
2大田(29)1320.289772060.776
3近藤(26)DH1380.30259210.822
4中田(30)1240.242802400.778
5渡辺(24)1320.262581100.718
6王(26)880.25535310.647
7平沼(22)730.23616120.624
8清水(23)980.25924500.686
9中島(28)1200.220160120.522

西川 遥輝【A

打率0.288、41打点、5本塁打、19盗塁と普通にいい成績だ。しかし、この選手の良さはなんといっても盗塁だろう。2014年から5年連続で30盗塁以上していた選手だったが、2019は19盗塁とかなり数字を落とした。27歳と衰える年ではないはずなので、怪我を推しながらの出場だったのかはわからないがいずれにしても2020は彼本来の良さを存分に発揮してほしい。

大田 泰示【A

驚異の2番打者として打率0.289、77打点、20本塁打とキャリアハイの成績を残した。走攻守に置いて、今やファイターズにとって必要不可欠な選手に成長したといっていいだろう。2020は打率3割、80打点、25本塁打を目標に更なる進化を見せて欲しい。

近藤 健介【A

この選手のバッティングセンスでいけばもう少し高打率を期待したが、打率0.302としっかり3割以上の成績を残したのは流石だ。基本的にはDH、レフトを守っていたが、まだ26歳と若く、DHでの起用は個人的には少し寂しい。送球難や打撃の影響など色々理由はあるかもしれないが、2020は確実なレギュラーがいないサードに再び挑戦して君臨してほしい。

中田 翔【C

開幕時でもいってはいたがやはり打率が低調なのが気になる。打率0.242、80打点、24本塁打と悪くないが、4番として君臨するには物足りない。2019はスタメンを外されることもあったことからも絶対的な存在ではないこともあらわになってしまった。2019は清宮幸太郎選手が怪我で出遅れ、そのまま不調でシーズンを終えてしまったが、2020に万全な体調で迎えるのであれば、レギュラーも難しい状況になるだろう。

渡辺 諒【B+

2019は4/5に1軍登録されて以来、1回も2軍に落ちることなくシーズンを終えた。試合数も2018の60試合から132試合と大幅に出場機会を増やした。最終的には打率0.262と落としたが、8月の月間打率は3割を超えるなどし、5番というクリーンナップでの出場を増やした。2020は間違いなくセカンドのスタメン候補の筆頭である。2019の終盤での打撃不振の経験を活かし、更なる成長を期待したい。

王 柏融【C

大きな期待を背負って入団してきた台湾のスーパースターは少し残念な結果に終わってしまった。怪我などもあり打率0.255とヒットメーカーとしては物足りない。異国の地でしかも今まで対戦したことのないピッチャーや日本のストライクゾーンなど色々なことに悩んだはずだ。2020はこれらの経験を活かし、大爆発してほしい。

平沼 翔太【B-

2019開幕スタメンは淺間大基選手に奪われたが、淺間大基選手が怪我で離脱するとそこからは横尾俊健選手とともにスタメンを争った。当初は横尾俊健選手が多く起用されていたが、なかなか結果が残せず、平沼翔太選手に出番が回ってきた。6月は3割を超える打率を残し、サードのポジションはこの男で決まるか!?と期待したが、まさかのデッドボールにより離脱した。怪我から復帰後はなかなかバッティングの状態が上がらず、最終的には打率0.236と落としてしまった。2020はポジションはわからないが、どのポジションでもいいのでスタメンとして期待したい選手の1人になったのは間違いない。

清水 優心【B+

強肩強打の選手が開花の兆しを見せてくれたシーズンとなった。打率0.259、24打点、5本塁打と本塁打数こそ2018から減少したが、打率は大きく上昇させた。2019シーズン途中にジャイアンツから宇佐見真吾選手をトレードにより加入し、よりレギュラー争いが激化したが、1年間通しての貢献度はかなり高かった。2020は完璧な正捕手となるべく、守備はもちろん、打撃でもアピールしてほしい。

中島 卓也【B

ファイターズの不動のレギュラーであった選手だが2019は120試合と試合数を減少させた。難しいボールもファールで粘り、相手投手にプレッシャーを与えることが持ち味の選手だが、いい年に比べ、出塁率が落ちた。いい年は四死球が60前後、出塁率は3割を大きく超えていたが、2019は四死球が24、出塁率0.278とどちらも数字を落としている。その結果、打率も0.220と大きく下げてしまった。FA権取得ということもあり、チームに残るか否かわからない状況だが、ファイターズにとってはショートのレギュラーとして残留を望むところだろう。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

渡辺 諒選手

出典「https://baseballmaniaa.com/watanabe-ryo-13024

清水 優心選手

出典「https://baseballmaniaa.com/shimizu-yuushi-9058

 

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

中田 翔選手

出典「https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000003-sph-base

清宮 幸太郎選手

出典「https://www.asahi.com/articles/ASL5963T2L59UTQP01Q.html

補強ポイント

ショートorサードの選手

2019は中島卓也(28)選手が主につとめたが、FA権取得により不透明で、2019の成績を見ても物足りない。サードはシーズン前から絶対的なレギュラーがいないままスタートしたが、結局穴は埋まらず終わってしまった。ショートは平沼翔太(22)選手、石井一成(25)選手などが候補で、サードも横尾俊健(26)選手、平沼翔太(22)選手などが候補としているが、絶対的なレギュラーとしてはまだ物足りないのが現状だ。全体的に若いチームなので、FA市場に実績のある選手や助っ人での補強で若い選手が成長するまでの繋ぎとしての補強が必要か。

ファーストorDHの強打の選手

ファーストは中田翔(30)選手が絶対的なレギュラーとしているが、実績はあるがなかなか成績が安定せず、相変わらず打率も悪い。DHも近藤健介(26)選手が主に起用されているが、年齢を考えてもDH起用するのは勿体ない。清宮幸太郎(20)選手も候補としてはもちろんいるが、中田翔選手に火をつけるためにも長打を打てる助っ人の獲得も必要と考える。

総合評価&まとめ

総合評価:B+

2018シーズン2位だったチームだったが、2019は終盤に失速し、最終的には5位という厳しい結果になってしまった。打線は核となる選手が多くいる中、やはり中田翔選手の不調はチームにとって痛手となったはずだ。また開幕当初から絶対的なスタメン選手がいなかったサードのポジションが最後まで埋まらなかったのも原因の1つだろう。2020はサードポジションのレギュラー選手の台頭(または獲得)、中田翔選手の爆発または長打の打てる助っ人を獲得し、上位に食い込めるシーズンとしたい。

ガラポン
ガラポン

シーズン中盤までは首位争いしていたのにちょっとびっくりするぐらいの失速になってしまったな。

カメQ
カメQ

力はあるチームなだけに残念な結果になってしまった。

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)