<サッカー>Wcupアジア2次予選日本vsモンゴル戦 個々の選手の評価

football
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

Wcup2次予選。2戦目!!モンゴルといえば朝青龍!!白鵬!!

カメQ
カメQ

6-0で勝利したが、試合の内容はどやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってころで今回はWcupアジア2次予選、日本vsモンゴル戦の個々の選手の評価をした!!

モンゴル:FIFArランク183位

スタメンを見ての注目点

前回から入れ替わった永井選手、伊東選手、遠藤選手のプレーに注目

永井選手、伊東選手に関しては、スピードを持ち味とした選手。モンゴルという格下相手ということもあり、ポストプレー重視というよりはスピードでいかに相手をかき回すことができるか注目だ。

遠藤選手に関してはここ数試合は橋本選手の台頭や自身のコンディション不良ということもあり、日本代表の試合からは遠ざかっていたが、個人的には柴崎とのコンビネーションは一番いいと考える。橋本選手の評価が上がってきた今、遠藤選手が再び評価を上げられるか注目だ。

無失点で試合を終えられるかに注目

格下相手とは言え、Wcup予選。グループリーグを戦う上で無駄な失点は後々響く可能性もある。いかにゲームを支配し、無失点で試合を終えられるか注目だ。

個人の採点

【GK】

権田 修一【-】

モンゴルのシュート0ということが評価無しに繋がりました。森保監督はやはり権田選手押しなのか。個人的には何度も言っているがシュミット選手押しなので、次の試合はシュミット・ダニエル選手の起用を求める。

出典「https://ameblo.jp/mtfukukoi-soccer/entry-12428674838.html

【DF】

吉田 麻也【A

格下相手ということもあり守備に関しては攻められるシーンはなかった。セットプレーでも持ち味の高さを発揮していた。1ゴールと目に見える結果も出した。

冨安 健洋【A

吉田選手同様守備に関しては特に無し。セットプレーも何度か顔を出したが、そこまで回数は多くなくカウンターに備えていた印象。試合の終盤で怪我により交代した。日本代表にとって痛いのは間違いないが、ほかの選手のアピールに期待し、より選手層を厚くしてもらいたい。(冨安選手の離脱が決まり、室屋選手の追加招集が決定。)

長友 佑都【A

10年ぶりのゴール、おめでとう。守備も攻められるシーンはなく、なんなく終えたといった印象。中島選手の調子がいまいちだったのか、二人のコンビネーションもいまいちに見えた。

酒井 宏樹【A

伊東選手とのコンビネーションは素晴らしかった。試合終盤でどこか痛めたのか、安西選手との交代を余儀なくされた。今後のコンディションが少し不安材料だ。

安西 幸輝【A

途中出場であったが、多く攻撃に参加していた印象。格下相手ということもあり評価が難しいが、若干気合が空回りしていた印象だ。

出典「https://lifepicture.co.jp/labo/archives/18068

【MF】

遠藤 航【A+

やはり柴崎選手とのコンビはこの選手だ!!と印象付けた。ボール奪取能力に関しては橋本選手と遜色ないが、シュート精度やセットプレーでは遠藤選手の方が上手だった印象。

出典「https://soccer.yahoo.co.jp/japan/players/detail/1000272

柴崎 岳【A

毎回、同じような評価になってしまうが、今回もしっかりゲームメイクしていた。モンゴルに全く攻めさせなかったのも、遠藤選手と柴崎選手が速い段階で攻撃の芽を摘んでいたからだろう。

中島 翔哉【B

所々でドリブル突破や前線選手とのコンビで相手を崩していた。大迫選手が不在ということもあり、自身が中に切り込むシーンよりパスを選択して攻撃に参加していた。自身がよりシュートを放つためにはやはり安心してパスを預けることができる選手が前にいたときにより輝ける選手なのかと感じた。

伊東 純也【S

前半は持ち味であるスピードを生かし、相手DFを振り切り、多くのクロスを供給し、結果3アシストと素晴らしい結果を残した。また後半からはサイド突破を多くしていた前半とは違い、中にも切り込むシーンを増やし、相手DFを混乱に陥れた。

南野 拓実【A+

格下相手とはいえ、最初のゴールをたたきこむところは流石といった印象だった。やはり1点取れればこのような結果に繋がるとは思ったが、最初の1点が遅ければ遅いほどもっと点差のない試合になっていただろう。全体的なことも考えてやはり最初の1点をぶち込んだのは評価できる。

原口 元気【A

途中出場ではあったが良さは出していたように思う。出場時間が約20分ということもあり結果という部分でアピールするのは難しかったかもしれないが、短い時間でも目に見える結果をだしていかないと現状の序列をかえるのは難しいか。

【FW】

永井 謙佑【A

引いて守ってきたモンゴルDFであったが、持ち味である飛び出しを何度も試みモンゴルDF陣を困らせていた。大迫選手とは違い、飛び出しやカウンターで良さをアピールし、1ゴールと言う結果も残した。

鎌田 大地【A

遠藤選手の素晴らしいミドルシュートがあったとはいえ、しっかりこぼれ球を詰めていたのは評価できる点だろう。常に一生懸命さを見せるというより、まだ23歳と若いが、静かにゴールの裏チャンスをうかがっており味方ながら不気味な印象だった。(いい意味で。)

出典「https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201811150002-spnavi

MOM(最も活躍した選手)

伊東 純也

出典「https://soccer.yahoo.co.jp/japan/players/detail/1400652

逆MOM選手(最も活躍出来なかった選手)

中島 翔哉

出典「https://soccer.myjcom.jp/column/n-00008548/?l_d=jpn

まとめ

格下相手だったが勝利したということと無失点で終えたということは評価できるだろう。永井選手は1ゴールと結果は残したが、今後、強豪チームと戦う上でこのオプションが通用するかはまだまだ不透明なところだ。遠藤選手に関しては実力は実証済みで今回の試合からも個人的にはやはり橋本選手ではなく遠藤選手をファーストチョイスしたい選手だと改めて感じた。伊東選手は今回の試合でMOMに選んだことからも大きなアピールをできた唯一の選手と言っていいのではないか。トップの選手との相性もあるかもしれないが、今回出場できなかった堂安選手、久保選手と右サイドハーフのスタメン争いはより熾烈になった印象だ。

ガラポン
ガラポン

練習試合ではないのでまずはしっかり勝ったことは評価できる!!

カメQ
カメQ

次回はアウェーでのタジキスタン戦だ!!

ガラポン
ガラポン

10/15(火)21:15kick offだぞ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)