<プロ野球>読売ジャイアンツ 重信慎之介選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

未来のジャイアンツスピードスター。

カメQ
カメQ

重信慎之介(読売ジャイアンツ)選手ってどんな選手なんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は重信慎之介(読売ジャイアンツ)選手についてまとめた!!

スポンサーリンク

重信慎之介(読売ジャイアンツ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1993/4/17(27歳)
身長・体重173cm・74kg
ポジション外野手
投・打右投・左打
年俸3500万
高校早稲田実業
大学早稲田
ドラフト2015年2位
背番号43

【経歴】

高校時はサードとして活躍。

2年の夏に甲子園に出場。

早稲田大学に進学し、全日本大学野球選手権大会では打率.357を記録し、全国制覇に貢献。

東京六大学リーグ通算83試合で打率.333、240打数80安打39盗塁を記録。

50メートル走は5.7秒

2015年読売ジャイアンツからドラフト2位で指名され、入団する。

【スペック】

ミート力パワー走力肩力守備力
DESCC

重信慎之介(読売ジャイアンツ)選手のアピールポイント(特徴)

50M5.7秒の足が最大の魅力。近年は打撃でも結果を残しつつある。代走要員ではなくレギュラーとして塁上をかき回せる選手になれるはずだ。

キャリアハイシーズンの成績

試合数打率打点本塁打盗塁OPS
600.28113260.743

重信慎之介選手にとってキャリアハイの年は2018か。

2018は怪我人が多くでていた中、シーズン後半から1番打者として起用され、そこから素晴らしい成績を残した。課題であった打撃が飛躍的に伸び、60試合ながら47安打を記録。自身プロ初ホームランも記録した。材料としてはそんなに多くないが、左投手を苦にしたため、2019は左、右に関わらず結果を残せるかが課題だ。

重信慎之介(読売ジャイアンツ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

吉田正尚(オリックスバファローズ)選手

神里和毅(横浜DNAベイスターズ)選手

まとめ

走力が最大のアピールポイントである選手だが、近年、大学時に結果を残していた打撃に関しても少しずつプロでも結果を残しつつある。毎年、FA移籍や助っ人の加入でなかなかスタメンを確保することは難しくなっているが、打撃に関して、しっかり結果がついてくれば、一気にスタメンの可能性を秘めいている選手だ。同世代のライバルでは吉田選手は侍japan級の活躍、神里選手も2019の活躍で一気にレギュラー候補の1人に成長。重信選手も追いつけ追い越せで頑張ってほしい。

ガラポン
ガラポン

後は打撃の向上だけなんやけどなぁ

カメQ
カメQ

吉川&重信の1・2番コンビを夢見ている~

ガラポン
ガラポン

2020はどんな活躍をするか楽しみだ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)