<プロ野球>読売ジャイアンツ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は見事1位で終わった読売ジャイアンツ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は読売ジャイアンツ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 読売ジャイアンツの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前()ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1亀井(37)1310.284551390.786
2坂本(31)1430.312944050.971
3丸(30)1430.2928927120.884
4岡本(23)1430.265943130.828
5大城(26)1090.26530600.718
6若林(26)770.239215110.685
7重信(26)1060.266162140.682
8小林(30)920.24419210.580
9

亀井 善行【A

2019は亀井善行選手にとって素晴らしい1年になった。走攻守高いレベルで活躍できるポテンシャルがありながらも常に怪我で悩まされてきた選手。ベテランの域になってからようやく怪我せず1シーズンを過ごせるようになってきたが、2019は37歳ながら吉川尚輝選手の怪我による離脱でジャイアンツの1番を任され、打率0.284、55打点、13本塁打と2009のキャリアハイに近い成績を残し、リードオフマンを失ったチームを救った。

坂本 勇人【S

2018は打率0.345と首位打者のタイトルはいかなかったがショートという守備の要ながら打撃に置いてもチームを引っ張った。2019はどんな成績を残してくれるか期待された中、チームのキャプテンは恐ろしい成績を残した。ショートとして40本塁打を記録し、これまでのキャリアハイであった31本を大きく超えた。守備、打撃の貢献度からも2019のMVPの最有力候補といっていいだろう。

丸 佳浩【A

FAによりジャイアンツに加入した2年連続MVP選手。ジャイアンツという別の環境で大きなプレッシャーを抱えての開幕となったことだろう。しかし2年連続MVP男はそんなプレッシャーをものともせず、チームを何度も勝利に導く一打を放った。結果的には打率0.292、89打点、27本塁打と2018より全ての部門に置いて成績を落としてはしまったが、チームへの貢献度は大きかった。

岡本 和真【B+

2018に史上最年少で3割30本100打点を達成した男。2019は相手からのマークがより厳しくなる中、どんな成績を残すか注目だったが、結果的には打率0.265と打率に関しては大きく下げてしまったが、94打点、31本塁打と打点、本塁打に関しては結果を残した。調子を落とす中で一時期は4番を外れることもあったが、終盤では打撃の調子もあがり、自他共に認める4番となっていた。2020は再び3割30本100打点を目指してほしい。

大城 卓三【B

FAにより炭谷銀仁朗選手が移籍し、キャッチャーは大城卓三選手、小林誠司選手、炭谷銀仁朗選手選手の3人が併用される形で2019シーズンをスタートさせた。他の2選手と違い、打撃に置いても期待の高い選手だったためファーストでの起用も増えた。結果的には打率0.265、30打点、6本塁打と期待されていたよりはかなり低調な成績に終わってしまったが、打てるキャッチャーとしてやはり期待値は大きい。2020もこの3選手を中心にスタメン争いが行われると思うが、個人的には1番期待している選手だ。

若林 晃弘【C

2019のセカンドは吉川尚輝選手でスタートした。開幕時から打撃、守備共に素晴らしい成績を残し、セカンドのレギュラーはこの選手で決まりか!?と思ったが、まさかの怪我による離脱。そこから長年ジャイアンツが悩んでいるセカンドのレギュラー問題がまた勃発した。そんな中、山本泰寛選手、田中俊太選手と色々な選手が活躍しながらもなかなか結果が続かない中、若林晃弘選手が交流戦以降スタメンを勝ち取った。しかし最終的には打率0.239と絶対的なレギュラーとしては活躍出来ずシーズンを終えた。2020は吉川尚輝選手の怪我の状況にもよるが、まだまだセカンドのレギュラー問題は続きそうだ。

重信 慎之介【B

2019開幕時は亀井善行選手、丸選手、陽岱鋼選手と実力者揃いで開幕を迎えた。ここにゲレーロ選手も控えるという状況で、2019は厳しいシーズンになりそうだったが、陽岱鋼選手、ゲレーロ選手がなかなか結果を残せずにいるとそこから代打で結果を残しながら、スタメンでの出場機会を増やしていった。最終的には106試合に出場し、打率0.266、14盗塁と試合数はキャリアハイを記録したが、打撃面、守備面でもまだまだ物足りない。2020こそは高齢化してきた外野陣の一角を奪い取ってほしい。

小林 誠司【B-

FAで炭谷銀仁朗選手が加入し、どんなシーズンになるか注目していた。守備、肩に関しては代表レベルでありながらなかなか絶対的なレギュラーになれない選手。炭谷銀仁朗選手の加入も首脳陣が満足していないことの現れなのだろう。結果的には92試合と2018の119試合から出場試合は現状した。しかし守備面に置いてはチームを何度も救っていたという印象だ。課題である打撃に関しても2018の打率0.219から0.244と少しではあるが改善も見せた。2020は一層正捕手争いが激化しそうだ。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

亀井 善行

出典「https://yoshilover.com/post-3151/

丸 佳浩

出典「https://baseballking.jp/ns/column/183263

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

吉川 尚輝

出典「https://news.biglobe.ne.jp/sports/0217/nsp_190217_5802547517.html

ビヤヌエバ

出典「https://baseballgate.jp/p/481640/

補強ポイント

サードorファーストの補強

2019はファースト岡本和真選手、サード田中俊太選手でスタートした。その後は岡本和真選手はファースト、サード、時にはレフトと守備位置を変えた。それはそのポジションに絶対的なレギュラーがいなかったということも一つの理由だろう。打撃が魅力的な選手だけにできればポジションを固定してあげたい。岡本和真選手をサード、ファーストどちらに固定するかで変わってくるが、サード、あるいはファーストの補強をしたいところだ。

外野陣の補強

2019は亀井善行(37)選手、丸佳浩(30)選手、陽岱鋼(32)選手でスタートした。最終的には亀井善行選手、丸佳浩選手はほとんどの試合でスタメンを張ったが、1枠は流動的だった。このほかの選手としては重信慎之介(26)選手、ゲレーロ(33)選手、石川慎吾(26)選手が主にいるが、年齢的にみても高齢化が見える。2020は丸佳浩選手は不動として亀井善行選手は年齢的にも常時スタメンは難しい状況だ。支配下から上がってきた、山下航汰(19)選手、重信慎之介(26)選手が筆頭候補として上がるが実績のある選手を補強したいところだ。

総合評価&まとめ

総合評価:B+

2019は吉川尚輝選手の1番で開幕を迎え、数試合であったが素晴らしい活躍をし、ジャイアンツの長年のセカンド問題の解決とリードオフマンとして素晴らしい活躍をした。しかし、怪我により離脱し急遽亀井善行選手が務め、本来想像していた1番像ではなかったかもしれないが、十二分なほどにその穴を埋めてくれた。結果的には日本シリーズで4連覇してシーズンを終え、悔しい1年になったはずだ。2020は吉川尚輝選手の復帰を想定しつつ、岡本和真選手の守備位置の固定のためにもサードorファーストの強打者を助っ人で補強をし、外野陣の補強を次点のポイントとして補強していきたいところだ。

ガラポン
ガラポン

シーズン中は若手が多くでてきて、楽しいシーズンだったが、日本一で一気に悔しいシーズンになった。

カメQ
カメQ

ホークスは強かったなぁ~

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)