<プロ野球>読売ジャイアンツ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は見事1位に終わった読売ジャイアンツ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は読売ジャイアンツ2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!

スポンサーリンク

2019シーズン 読売ジャイアンツの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
山口(32)2615勝4敗2.919.953.181.1669
メルセデス(25)228勝8敗3.526.662.091.3741
菅野(30)2211勝6敗3.897.922.111.2564
高橋(22)185勝7敗3.198.614.651.2744
桜井(26)298勝6敗4.326.813.491.3965
今村(25)173勝2敗4.085.952.871.3247

山口 俊【A

ドスコイ右腕。2019は菅野選手とともに2本柱として期待していた選手。結果的には15勝を上げ、最多勝のタイトルを獲得し、防御率も2.91と先発として過ごしたシーズンとしてはキャリアハイのシーズンと言っていいだろう。2020も!!と思ったが、メジャー挑戦を表明し、ブルージェイズへの移籍が決まった。活躍を期待したい。

メルセデス【B

育成から這い上がってきたハングリー精神の塊左腕。2018は後半から突如現れ、5勝を上げ、チームのCS出場に大きく貢献した選手。2019は開幕から年間を通して活躍を期待された選手。結果的には1、2軍を行ったり来たりしたものの、8勝上げ、防御率も3.52とまずまずの結果を残した。CS、日本シリーズでも好投した。課題はスタミナ面か。6回くらいまでは素晴らしいピッチングをしながら突如崩れることが少し目立った。2020はスタミナ面を鍛え、ジャイアンツの左腕エースとして最低二桁勝利はしてほしい。

菅野 智之【B

日本のエース右腕。入団してから素晴らしいピッチングを続けている選手。2019もジャイアンツの絶対的エースとして期待していた。しかし、中盤にかけて撃ち込まれるケースが増え、腰の怪我により離脱を何度もした。結果的には11勝を上げたが、防御率は3.89と入団してからワーストの数字になった。怪我を推しながらのピッチングだったようなので、2020は怪我をしっかり治し、本来のピッチングを見せてほしい。

高橋 優貴【B

2018ドラ1左腕。ドラ1左腕ということもあり即戦力として期待していた選手。1軍、2軍はいったり来たりはしたが、5勝ながら防御率3.19とそれなりに結果は残した。ピンチを作りながらも6回くらいまではなんとか抑えるが、球数が多く、早い段階で交代するケースが目立った。2020はこれらの経験を生かし、二桁勝利を目指してほしい。

桜井 俊貴【B-

ジャイアンツにとって、闇の2015ドラ1右腕。2015はジャイアンツは色々あり、逃げのドラフトとも巷では言われ、そんな中、この選手が喜んでジャイアンツに入団してきてくれた。そんな選手だったが、入団してからなかなか結果がでず、色々な声が聞こえてきていた。2019はそんな声を吹き飛ばしてくれる素晴らしい成績を残してくれた。開幕当初はリリーフとして起用されていたが、先発のチャンスをもらうと、そこから素晴らしいピッチングを見せる。結果的に8勝を上げ、優勝の影の立役者と言ってもいいだろう。しかし、シーズン終盤で、撃ち込まれなんだかイメージの悪い終わり方になってしまった。2020は開幕からローテを勝ち取り、二桁勝利を目指してほしい。

今村 信貴【B-

2018に6勝を上げ、開花の兆しを見せた25歳左腕。2018は途中からローテを勝ち取り、チームに貢献した。2019はもちろん開幕からローテを期待していたが、凄く悪い投球ではないものの、絶対的な位置を掴むことはできず、谷間で登板することが増えた。結果的には3勝にとどまり、防御率も4.08と安定感を欠いた。2020は山口選手が移籍し、よりローテ争いが熾烈になるはずだ。まずはローテを確保できるようオープン戦からのアピールが必要になりそうだ。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
中川(25)674勝3敗17H16S2.3710.302.511.16
高木(30)553勝1敗10H3.838.002.171.19
田口(24)553勝3敗14H1S4.139.092.481.18
澤村(31)432勝2敗13H1S2.6110.242.611.18
大竹(36)324勝0敗8H2.778.312.771.31
マシソン(35)282勝2敗8H1S4.377.543.571.63

中川 皓太【A

スリークォーターとサイドの間くらいから投げ込む左腕。2019は期待されながらも防御率5.02と悔しいシーズンに終わった。2020はリリーフの一角に入り込めるか注目していた選手。結果的には恐ろしい結果を残してくれた。開幕当初は決まったポジションはなかったが、徐々に評価を上げ、8回を任せられるようになり、クローザー候補だったクック選手が2軍に落ちると、クローザーも務めることもあった。最終的にはクローザーはデラロサ選手が務めたが、この選手は試合の一番厳しい場面での登板を担った。終盤は疲れがでたのか、1点台だった防御率は2.37になったが、年間通してこの選手がいなければ、リーグ優勝は120%なかったろう。プレミア12も選出された。2020は勝利の方程式の一角として開幕から期待したい。

高木 京介【B

賭博問題から這い上がってきた負けない左腕。色々あったが、2019は素晴らしい成績を残してくれた。結果的にはキャリアハイとなる55試合に登板し、リリーフ陣を支えてくれた。自身が持っていた連続無敗記録は途切れてしまったが、何でも屋としてフル回転しくれた。2020も恐らくポジションは同じと考える。困った時の高木!!と言われるような活躍を期待したい。

田口 麗斗【B-

若くして一気にジャイアンツのエース左腕に名乗り上げた男。2016、2017と2年連続二桁勝利を上げていたが、2018は2勝にとどまり悔しいシーズンとなっていた。2019はその悔しさをぶつけるシーズンとなった。しかし、今まで担ってきた先発としてではなくリリーフとしての起用が続いた。1度先発の機会があったが、思ったピッチングはできず再びリリーフに戻った。しかし、田口選手は全く腐らず、イニング股ぎなどもこなし、最終的には55試合に登板し、14Hを記録した。防御率は4.13といいとは言えないが、チームの貢献度は高かっただろう。2020は先発としての勝負することを明言している。ローテを勝ち取れるか注目だ。

澤村 拓一【A

マッチョ2010ドラ1右腕。2018は49試合に登板したが、防御率4.64と厳しい結果に終わった。2019は元クローザーの意地を見せるべく年となった。開幕前は先発として起用されるプランだったが1試合に登板し、試合を作れずリリーフでの調整を余儀なくされた。しかし、そこからは素晴らしいピッチングを見せ、最終的には43試合に登板し、13H、防御率2.61と右のリリーフエースとしてチームを支えた。2020は開幕から勝利の方程式の一角として活躍を期待したい。

大竹 寛【A

ラーメン大好きベテラン右腕。カープからFAでジャイアンツにきた選手だが、2014こそ9勝をあげたが、それ以降は目立った活躍ができていない。2019はプロ野球を続けられるかどうかの厳しい年となった。やはり現状は厳しく、1軍の呼ばれたのは6月だった。しかも先発としてではなくリリーフの起用だった。しかし、そこから持ち味であるシュートを駆使しながら、ピンチを幾度となく切り抜けチームを勝利に導いた。最終的には32試合に登板し、8H、防御率2.77と素晴らしいシーズンを送った。またプレミア12も選出され、引退も近いかな、と思っていたが、リリーフとして再ブレイクを果たした。2020もここぞのピンチで登板し、チームを救うピッチングを期待したい。

マシソン【C

長年ジャイアンツのリリーフを支えた優良助っ人右腕。近年は怪我や病気で思ったシーズンを過ごせていないが、実績は十分で復帰を期待していた選手。開幕は間に合わなかったが、6月に復帰し、これでジャイアンツのリリーフ陣の層も少し暑くなるな、と思ったところすぐに怪我により離脱。その後、1軍に戻ってきたものの以前のような姿はなく、2019シーズン限りでの引退を表明。残念だが、今まで本当にお疲れ様といいたい。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
デラロサ(30)261勝0敗5H8S2.2512.001.880.88

デラロサ【A

2019途中加入したポーカーフェイス右腕。開幕当初はクック選手をクローザーとして起用していたが、なかなか結果がでず、急遽この選手が補強された。触れ込みは160km/hを超える剛腕ということで、お。。いつものように厳しいかなと思っていた。しかし、1軍に上がると触れ込み通りのスピードは出ていたが、それ以上にコントロールが素晴らしく、一気にジャイアンツのクローザーにハマった。最終的には8S、防御率2.25と抜群の成績で、K/9は12.00、BB/9も1.88と三振も取れるし、フォアボールも出さないといういい意味で期待を裏切ってくれた。2020は間違いなくジャイアンツのクローザーとして年間を通した活躍を期待したい。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

中川 皓太

デラロサ

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

菅野 智之

クック

補強ポイント

山口選手の穴を埋められる先発投手

2019に15勝上げた山口(32)選手の移籍はチームにとっては痛すぎる。しかも1人で170イニングも投げている。この穴を埋めるのは容易ではないが、トレードではこの選手レベルの成績を残している選手を獲得するのは難しいので、助っ人で補強するのがベストか。しかし、助っ人は宝くじ要素が強いため、菅野(30)選手の復活はもちろん、若手から1人でも多く、ブレイクすることに期待せざるを得ない。

勝利の方程式を担える右腕

長くジャイアンツのリリーフ陣を支えてきたマシソンが引退し、「スコット鉄太朗」はみな引退した。2019は中川(25)選手が一気に大ブレイクし、デラロサ(30)選手もクローザーとしてハマった。ただ年間ずっとなんとか継投し、勝利をもぎ取ってきた感は否めない。澤村(31)選手、大竹(36)、田口(24)選手など頑張ってはくれたが、もう少し役割分担したいところだ。勝利の方程式を考えたときに中川選手、デラロサ選手はほぼ確定で、澤村選手をもしそのような位置にするならばせった試合で投げられる右腕が不足するし、せった試合で澤村選手を起用するなら勝利の方程式が固まらない。層を厚くるためにもリリーフ右腕の補強が必要だ。

総合評価

総合評価:B

リーグ優勝したが、防御率はリーグ4位と決していいとは言えず、先発はエース菅野選手の怪我による不調、リリーフは期待していたクック選手が結果を出せなかったり、これまた期待していたマシソン選手が引退など、もちろん計算外なことが起こったが、そんな状況の中で今まで目立った実績がなかった中川選手、桜井選手などが一定の成績を残してくれたのは2020に繋がる。補強ポイントを押さえつつ、畠(25)選手、鍬原(23)選手、髙田(21)選手、大江(20)投手、古川(24)選手など期待したい選手は多くいる。1人でも多くの若手が活躍しなければリーグ連覇はもちろん、日本一はまだまだ遠いだろう。

 

ガラポン
ガラポン

その場しのぎ感が強かった2019のジャイアンツ。

カメQ
カメQ

2020も若手&助っ人の出来次第では2019みたいになりそうや。

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、よかったらみてください!!

 

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)