<プロ野球>埼玉西武ライオンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は見事1位で終わった埼玉西武ライオンズ。

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は埼玉西武ライオンズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 埼玉西武ライオンズの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1秋山(31)1430.3036220120.864
2源田(26)1350.274412300.674
3森(24)1350.3291052330.959
4中村(36)1350.2861233020.887
5外崎(27)1430.2749026220.846
6山川(28)1430.2561204310.912
7栗山(36)DH1230.25254700.687
8木村(31)1300.2203810160.613
9金子(29)1330.251333410.616

秋山 翔吾【A+

2019シーズン序盤は打撃不振に陥ったが、なんだかんだ、最終的には打率3割を超えてきた。全試合出場も評価できる。チームも2年連続リーグ優勝に導いた。2020は海外への挑戦を公表しているが、ライオンズにとってはチームからいなくなると、浅村栄斗選手以上の痛手になりそうだ。

源田 壮亮【B+

ルーキーイヤーから大活躍の選手。2019も大活躍の1年となった。数試合怪我により欠場はしたものの135試合に出場し、ライオンズのショートの絶対的な存在として君臨した。守備は誰しもが認めるところだが、打撃に置いても打率0.274、30盗塁と近年のトレンドである打てる2番ではなく、古くからの繋ぐ2番として存在感を発揮した。

森 友哉【S

2019は正捕手を争っていた炭谷銀仁朗選手のジャイアンツへの移籍に伴い一気に正捕手の座を手中に収めた年と言っていいだろう。キャッチャーとしての守備力はまだまだ改善点はあるものの打撃成績に関しては「キャッチャーとして」の枠を超えたえぐい成績を残した。打率0.329で首位打者を獲得し、105打点、23本塁打と3部門ともレベルの高い成績を残した。2019のMVPはこの選手と言っていいだろう。

中村 剛也【A

2019は36歳とベテランとして挑んだシーズン。美しいホームランの軌道を放つホームランアーチストは恐怖の8番バッターとしてシーズンをスタートさせた。序盤こそなかなか調子が上がらなかったが、6月ごろから打ちまくった。開幕から4番に座っていた山川穂高選手の不調も重なり、4シーズン中盤からは4番を任せられた。浅村栄斗選手の穴が心配されていたが、その穴を見事埋めたのはこの選手と言ってもいいだろう。また36歳にして打率0.286とキャリアハイの成績を残した。

外崎 修汰【B+

2019シーズン前はトリプルスリーを密かに期待していた選手。打率こそ、0.274と2018に比べ、少し落としてしまったが、90打点、26本塁打、22盗塁と素晴らしい成績を残した。浅村栄斗選手が抜け、セカンドの穴をしっかり埋めた。また内外野どこでも守れるユーティリティ性も発揮し、2019もライオンズにとって必要不可欠な選手として活躍した。

山川 穂高【B+

2019は開幕時から打ちに打ちまくり、本塁打を量産した。2019シーズンはどこまで打ち続けるかと大きな期待をしたが、7月から大不振に陥ってしまい、不動の4番からも外れてしまった。最終的には打率0.256と決していいとは言えないが、120打点、43本塁打と素晴らしい成績を残した。2020は確実性をupさせ、再び不動の4番として活躍してほしい。

栗山 巧【B

2019もこのベテランに頼った1年となった。打率0.252と年々成績が落ちてきたが、若手の突き上げがないのも事実。2020は栗山巧選手の復活とともに若手の成長に期待したい。

木村 文紀【C

2019開幕前から外野陣の層の薄さがウィークポイントであったが2019はこの選手が主に起用された。ポテンシャルの高さは折り紙付きではあるが、打率0.220とかなり厳しい結果になった。10本塁打、16盗塁とパワー、足の速さをアピールはしたが、130試合に出場したが、レギュラーをつかみ取ったとは言えないシーズンとなった。

金子 侑司【B

2019はレギュラーを期待されて始まったシーズンになった。打率0.251と2018よりは上げたもののやはりまだまだ物足りない。しかし41盗塁を決め、盗塁王にも輝いた。やはりこの足は本当に魅力的だ。この足をより生かすためにも更なる打撃の向上を目指し、ライオンズの不動のレギュラーとして2020は頑張ってほしい。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

森 友哉

出典「https://puroyakyuplayers.com/seibu-mori-tomoya

中村 剛也

出典「https://athlete-fan.com/men/1255.html

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

木村 文紀

出典「https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/photos/190420/spo19042021320091-p1.html

メヒア

出典「https://spaia.jp/column/baseball/npb/7023

補強ポイント

外野陣の補強

外野陣の絶対的レギュラーは秋山翔吾()選手のみという状況。しかもその秋山翔吾選手は海外への挑戦を表明している。金子侑司(29)選手、木村文紀(31)選手が候補であるが、2019の成績を見ると2人とも絶対的な存在とはいいがたい。金子侑司選手はレギュラーと仮定してもあと2枠空いてしまう。秋山翔吾選手が残留したとしても足りないことには変わらない。ドラフトでの補強より、実績のある選手や助っ人での補強が適切だろう。

サードorセカンドの選手

2019はサードを中村剛也(36)選手がしっかりと務めてくれたが、年齢的にも中村剛也選手に代わる存在が出てきてほしい。

セカンドに関しては外崎修汰(27)選手がいるが、秋山翔吾選手の移籍によっては外野での出場も考えなくてはならない。その点を踏まえて、サードは中村剛也選手がいるうちに、ドラフトで若い選手の補強を、セカンドに関しては秋山翔吾選手次第というところもあるが、移籍すると仮定するならば、できるだけ実績のある選手で補強したいところだ。

総合評価&まとめ

総合評価:A

打線の破壊力によってパリーグを2年連続で制した。

他球団よりは戦力は整っているものの、打線の中核である秋山翔吾選手が抜けると2019のような戦いは難しくなるだろう。秋山翔吾選手クラスの選手を補強するのは無理に等しいとは思うが、まずは外野陣の補強をし、外崎修汰選手を外野で使うのであれば、セカンドの補強を中心に、サードの育成にも手を付けておきたいところだ。

ガラポン
ガラポン

2019も山賊打線恐るべしだったな!!

カメQ
カメQ

2019は浅村選手が抜けて、2020は秋山選手もとなると。。。

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)