<プロ野球>オリックスバファローズ山岡泰輔選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

オリックスはこんな若くていきのいい選手が多いのに、なぜチームが上がってこない!?

投打がかみ合わないのかな!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は山岡泰輔(オリックスバファローズ)選手についてまとめた!!

スポンサーリンク

山岡泰輔(オリックスバファローズ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1995/9/22(24)
身長・体重172cm・68kg
ポジション投手
投・打右投・左打
年俸4500万
高校広島県瀬戸内
社会人東京ガス
ドラフト2016年1位
フォームオーバースロー
球速(MAX)152km/h
球種スライダー、チェンジアップ、カットボール
高校時は、3年時の夏、田口麗斗要する広島新庄高校と決勝戦に。そこで延長15回を完投し、1安打15奪三振無失点っと素晴らしいピッチングを見せたが、山岡選手同様、田口も15回無失点のピッチングで再試合に。2日後の再試合で田口選手は9回を1失点とまたまた素晴らしいピッチングをしたが、山岡選手はそれを上回る9回を完封勝利で飾り、甲子園に出場の切符を掴んだ。

高校時はプロ野球志望届は提出せず、東京ガスに入社。

ドラフト時は、ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)選手からスライダーを絶賛されるなどし、評価を高めた。

ガラポン
ガラポン

ドラフト時は田口と山岡がチームメイトになるか!?と勝手に注目してたぞ!!

田中、佐々木を外して吉川get!!

ガラポン
ガラポン

MAX152km/hのストレートと、スライダーは一級品で、しかも高校→社会人を経ての入団だから、年齢も若いことも魅力の1とつだったなぁ٩( ”ω” )و

山岡泰輔(オリックスバファローズ)選手のベストシーズン<2017>

 

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
248勝11敗3.748.023.251.27

山岡泰輔(オリックスバファローズ)選手にとってルーキーイヤーとなる2017がベストシーズンか。

ルーキーながらローテを回り、負け数11と勝ち数を上回っているが、防御率も3.74と及第点か。可もなく不可もなくといった成績を残したが、ダルビッシュが絶賛すると聞いてしまうとまだまだこんなもんじゃないと期待してしまう。

ガラポン
ガラポン

体力的にもプロになって1年過ごしたことが2018年以降にいい経験になるはずだ!!

2018は更なる活躍を期待!!

ガラポン
ガラポン

そや!!しかし、2018は被弾しまくった。その影響かリリーフも経験した。2019は開幕からローテを死守してほしい!!

2019現時点での成績

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
156勝2敗3.247.452.541.03

2019は開幕からローテを守り、先発投手としてしっかり仕事をしている。2018はホームランを打たれることが多く(リーグワーストタイ21本)、一発病のイメージがついてしまった。2019も被弾は少なくないが、試合をしっかりつくりチームの勝ち星に結び付けている。

若い先発陣が多い中、山岡選手もまだ24歳だが、ほかの選手より経験は豊富。ここぞの試合でしっかり勝利し、チームを一個でも上にあげていってほしい!!٩( ”ω” )و

出典「http://paleague.blog.jp/archives/9594399.html

山岡泰輔(オリックスバファローズ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

高橋遥人(阪神タイガース)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
82勝2敗1.809.362.341.06

2019は開幕当初こそ出遅れたが、5月に1軍登録されてからは素晴らしい投球が続いている。課題であったコントロールも安定しており、BB/9は2.34と1年目の3.63から2.34と安定感が増している。ここに特徴である伸びのあるストレートが加わることでなかなか打てない投手に成長している。

出典「https://www.daily.co.jp/tigers/2018/03/11/0011058410.shtml

高橋礼(福岡ソフトバンクホークス)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
127勝2敗3.084.263.321.13

2019は先発として起用され、素晴らしい成績を残している。

アンダースローから速いストレートを投げ込み、打者を抑えている。侍japanに選出されるなどし、知名度があるため、新人王の資格もあるが、なんか違和感が。それくらい素晴らしい成績を残しているということか。

出典「https://www.nikkansports.com/baseball/column/naruohama/news/201807020000623.html

大竹耕太郎(福岡ソフトバンクホークス)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
145勝2敗2.885.671.441.10

高橋同様、この選手も2年目ながらローテを掴み、ここまで安定した素晴らしい成績を残している。

BB/9からもわかるようにコントロールがよく、そんな簡単には崩れない。高橋礼(福岡ソフトバンクホークス)とともに若い力でホークスを引っ張っている。

出典「https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/505811/

松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
401勝4敗24S6H1.9614.813.270.80

楽天のクローザーとして素晴らしい成績を残している。4敗はしているが、防御率は1点台と安定感抜群。そんな中で際立っているのがK/9が14.81とクローザーとして必要とされる三振能力がえぐいくらい高い。

ここぞというときに三振で切り抜けられる強みがこの選手にはある。開幕序盤はチームも首位争いをして調子がよかったが、ここにきて調子が落ちてきている。この選手の登板が今後増えるシチュエーションを多く作りたいところだ!!٩( ”ω” )و

出典「https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903280000170.html

ガラポン
ガラポン

ジャイアンツ田口は2018から苦しんでおり、2019はリリーフとしてなんとか活躍の場をもらってはいるが。。。

原ちゃんは勝ってる場面で使ってはいるけど。。。

ガラポン
ガラポン

田口が先発に復帰して、また山岡選手との投げ合いをぜひ、見てみたい!!(^^)/

 

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)