<プロ野球>オリックスバファローズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は6位に終わったオリックスバファローズ

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回はオリックスバファローズ2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン オリックスバファローズの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1福田(27)1350.250382300.651
2宗(23)540.27014270.735
3吉田(26)1430.322852950.956
4ロメロ(31)DH810.305631830.902
5モヤ(28)640.244351000.675
6中川(23)1110.28832390.716
7西浦(20)770.19518180.494
8若月(24)1380.17821120.460
9大城(26)910.262283110.694

福田 周平【B+

ルーキーイヤーの113試合から更に試合数を伸ばす135試合に出場し、打率こそ下げたが、盗塁30盗塁とオリックスのリードオフマンとして素晴らしい働きをした。多くのポジションで完全なスタメンが少ないチームであるが、2020のセカンドはこの選手で間違いないだろう。それくらい素晴らしい活躍をした。2020は打率とともに出塁率の上昇を期待したい。

宗 佑磨【C+

開幕スタメンの予想をしていたが始まってみると6月まで1軍での出場はなかった。上がってきてからも1、2軍をいったりきたりしたが、シーズン終盤にやっと良さが出てきた。個人的にはめちゃくちゃ期待していた選手だっただけに2019の成績はかなり残念だ。レギュラーに手がかかっていたはずだが、恐らく2020はほぼ白紙だろう。2020は2019の悔しさをぶつけて欲しい。

吉田 正尚【A+

開幕当初はスランプも味わったが、終わってみれば、打率0.322、85打点、29本塁打と素晴らしい成績を残した。2年連続で好成績を残し、まぐれではなかったことを証明。2020もチームの主軸として引っ張っていってほしい。

ロメロ【B+

この選手が1年間フルで活躍してれば。。。と思ってしまう。打率、本塁打ともに試合数が81試合ながらいい成績を残した。怪我が多いため、2020はぜひフルシーズン戦い抜ける体を作り、1年間オリックスの4番として活躍してほしい。

モヤ【B

2019シーズン途中に移籍し、チャンスを多くもらった。もう少し打率が残せるかと期待したがもろさも出た。しかし、この選手の加入により打線に厚みが増したのは間違いない。2020は開幕からチームの一員として奮起してもらいたい。

中川 圭太【A

ルーキーイヤーながら素晴らしい成績を残した。開幕時は2軍スタートだったが、4月20日に1軍登録されてからはチームの主力として大活躍した。交流戦では首位打者も獲得し、オリックスのサードのレギュラーをほぼ手中に収めた。2020は他チームが対策をしてくる中でいかに対応できるか注目だ。

西浦 颯大【C

2019はオープン戦で猛アピールに成功し、2年目ながら開幕スタメンを勝ち取った。プロ初本塁打を記録したが、1軍の壁は高く、その後は1、2軍を行ったり来たりした。しかし77試合に出場したことは必ず2020に繋がるはずだ。この悔しさを思いっきりぶつけて欲しい。

若月 健矢【C

安定した守備とスローイングが持ち味の選手ではあるが、打率0.178はまずい。自動アウトもいいところだ。打てないにしても最低0.250はできればほしいところだ。2020は打撃で前半アピールしていた頓宮 裕真選手が本格的にキャッチャーでの挑戦を表明している。自分の良さを生かすためにも打撃力upは必須課題だ。

大城 滉二【B

開幕時は1軍スタートではあったが、なかなかスタメンの機会は与えられなかったが、スタメン起用から素晴らしい活躍をみせていた。しかし8月に怪我により抹消され、そのままシーズンを終えることになった。ユーティリティ性もあり、バッティングも上達してきただけにチームとしても個人としても悔しいシーズンになってしまった。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

福田 周平選手

出典「https://number.bunshun.jp/articles/-/831575

中川 圭太選手

出典「https://article.auone.jp/detail/1/6/10/92_10_r_20190622_1561191512291715

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

宗 佑磨選手

出典「https://www.news-postseven.com/archives/20180329_662320.html

西浦 颯大選手

出典「https://www.nikkansports.com/baseball/photonews/photonews_nsInc_201904270000397-0.html

補強ポイント

クリーンナップを打てる外野手

どのポジションにもいえることだが、特に外野手は吉田正尚(26)選手以外はほぼ横一線といった状況だ。ポテンシャルは申し分ない後藤駿太(26)、同じくポテンシャルの高い宗佑磨(23)選手、2年目の西浦颯大(20)選手、投手から打者転向した5年目の佐野皓大(23)選手など大化けしそうな選手は多くいるもののなかなか一本立ちできていない。チームに安定感を持たせながらこれらの選手をよりノビノビと試合をしてもらうためにも実績のある外野手がほしいところだ。

若月 健矢選手を脅かす捕手の補強

ショートのレギュラーが不透明ではあったが敢えてここは捕手の補強を上げた。ショートは大城滉二(26)選手、安達(31)選手、2018年ドラフト1位で獲得した太田椋(18)選手、2018年ドラフト5位で獲得した宜保翔(19)選手など候補がたくさんおり、ここらで競わせたい。

ただキャッチャーに関してはベテランの松井雅人(32)、打撃が売りの伏見寅威(29)と候補はいるが全体的に年齢が近い。2018年ドラフト2位で獲得した頓宮裕真(23)選手がキャッチャーに再挑戦するみたいだがすぐには難しいかもしれない。こちらも外野手同様、経験豊富なキャッチャーを補強したいところだ。

総合評価&まとめ

総合評価:B

若手が多くいるチーム状況の中、勢いのある時は打てるが、安定感にかける。現状吉田正尚選手以外安定した成績を残せていない。安定した戦いをするうえでも補強ポイントにあげた2つを補強することでチームの相乗効果になると考える。2019のオフにチームがどのように補強に動くか注目だ。

ガラポン
ガラポン

魅力的な若手が多くいるんだが、、、なかなか継続して結果を残せていない選手が多くいる印象だ。

カメQ
カメQ

2019は若くて生きのいいピッチャーが多く出てきたから、2020は打者に期待だな!!

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)