<プロ野球>横浜DNAベイスターズ今永昇太選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

間違いなく、2019のエースはこの男だろう。

2018は何が起こったのくらい、調子悪かったのに、、、

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手についてまとめた!!



スポンサーリンク

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1993/9/1(26)
身長・体重177cm・82kg
ポジション投手
投・打左投左打
年俸6700万
高校北筑高校
大学駒澤大学
ドラフト2015年ドラフト1位
フォームスリークォーター
球速(MAX)152km/h
球種スライダー、カーブ、チェンジアップ

高校時、甲子園は出場できず。

駒沢大学に進学し、2年生からチームのエースとして活躍し、リーグ戦通算46試合に登板、18勝16敗、防御率2.03、281奪三振の成績を残した。

2015年、大学4年時に怪我もあり、志望届を出すか迷っていたらしいが、結果、提出し、横浜DNAベイスターズから、1位指名され、入団する。

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手のアピールポイント

特徴は何といっても伸びのあるストレートだ。ストレートで三振が取れる魅力十分のピッチャーで、元読売ジャイアンツの杉内俊哉選手を思い出せてくれるようなピッチングをしてくれる。

ガラポン
ガラポン

杉内ほど脱力感あるフォームではないが、空振りを取れるストレートは本当に魅力的だ!!

顔つきも気持ちが強そうでいい顔してますよね、兄貴!!

ガラポン
ガラポン

そや、気持ちの強い選手かなってのが伝わってくる見ていて気持ちのいい選手の1人や!!

 

今永昇太選手のキャリアハイシーズン<2017>

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
2411勝7敗2.988.513.161.13

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手にとっては2017がキャリアハイシーズンか。

ルーキーイヤーからドラフト1位の期待通り、8勝を上げ、2年目はどんな成績を残すかと思っていたが、これまた二桁勝利を上げる素晴らしい活躍をした。防御率も2年連続で3点台を切る素晴らしい数字を残した。しかし、2018はベイスターズの左のエースとして期待されたがまさかの大不調。2019は以前のような素晴らしいピッチングを見せれるか本人にとっても勝負の年となっただろう。

出典「https://baseballplayer18.com/dena-baystars/382/

2019現時点での成績

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
179勝5敗2.579.682.801.02

2019は2018の不調が嘘のように素晴らしいピッチングが続いている。コントロールも安定しているし、アピールポイントである伸びのあるストレートを軸にK/9も9.68と三振も多く奪っている。

チームも2位につけ、優勝を狙える位置にいる。

勝負のかかったエース対決が今後は多くなる可能性もある。そこで勝ち切れるピッチングができるか。今後の今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手に注目だ!!

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

今村信貴(読売ジャイアンツ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
123勝1敗2.775.553.061.28

シーズン序盤は2軍だったが、助っ人の外国人枠の兼ね合いで谷間に登板機会をもらいながら結果を出してきた。今ではローテの一角をもぎ取る。

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手とは違い、打たせて取るピッチングが持ち味。毎回安定したピッチングをしているが、今後の課題としては7、8回を投げ切れるスタミナか。

出典「https://www.daily.co.jp/baseball/2019/03/19/0012156635.shtml?ph=1

桜井俊貴(読売ジャイアンツ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
194勝1敗3.597.353.591.33

シーズン中盤からリリーフから先発に起用法が変更されてから変貌を遂げた。投げっぷりの良さと、強気にインコースをつくストレート、タイミングを外す大きなカーブが武器になっている。

覚醒が終わったと言われないよう、このまま結果をしっかり残していきたいところだ。

中川皓太(読売ジャイアンツ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
444勝1敗15S11H1.8110.071.811.01

現在首位を支えているピッチャーとしてまず名前が上がる選手と言っていいだろう。

桜井同様、プロに入ってから目立った成績を残していなかった選手がここまで変貌している。

ジャイアンツがもし、優勝することがあれば、ぜひ、最後はこのピッチャーで締めてもらい、胴上げ投手になってほしい。それくらい現段階までの貢献度は凄まじい。

出典「https://baseballgate.jp/p/273826/

ガラポン
ガラポン

ライバルはジャイアンツの選手ばっかやが、贔屓目でみなくてもこの3人は2019は本当によく頑張っている!!

いやいや、そーかもやけど、今永さんのライバルなんて。。。

ガラポン
ガラポン

そやな、だが同年代なんやから、今永選手に負けずに頑張ってほしい!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)