<プロ野球>オリックスバファローズK-鈴木選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

いったいなんなんだ、「K」ってのは!?

K-鈴木選手ってどんな選手なの!?兄貴!!

ガラポン
ガラポン

ってことで今回はK-鈴木(オリックスバファローズ)選手についてまとめた!!


K-鈴木(オリックスバファローズ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1994/1/21(25)
ポジション投手
投・打右投・右打
年俸1000万
高校千葉明徳
大学国際武道
社会人日立製作所
ドラフト2017年2位
フォームオーバースロー
球速(MAX)154km/h
球種スライダー、カーブ、フォーク、シュート

甲子園の出場は無し。

国際武道大学へ進学。リーグ戦で、通算16勝。

日立製作所へ入社。

入社1年目から社会人野球日本選手権大会で登板し、翌2017年に催された都市対抗野球大会でも本大会出場に貢献した。

2017年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから2巡目で指名され入団する。

チームに同姓同名がいるため、K-鈴木になった。本人は三振の意味もあるし三振にこだわりもあるとのことで快諾し、この名がついた。

2018年、2軍で26試合に登板し3勝4敗(1完投)、防御率2.85をマークし、1軍では4試合に登板し、1軍デビューを飾った。

K-鈴木選手のアピールポイント(特徴)

150km/hを超えるストレートを軸に切れ味のあるスライダーとフォークで三振をとれるピッチャー
ガラポン
ガラポン

社会人卒ってこともあって即戦力の期待が大きい!!

ストレートの威力は申し分ないね、兄貴!!

ガラポン
ガラポン

そやな、課題は変化球の制度や。これが向上すれば1軍でも活躍できるはずや!!

K-鈴木(オリックスバファローズ)選手のキャリアハイシーズン<2018>

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
40勝0敗8.592.4511.052.73

K-鈴木(オリックスバファローズ)選手にとってキャリアハイシーズンはルーキーイヤーの2018か。

2軍では素晴らしい成績を残したが、1軍の壁は高かったようだ。4試合に登板したが、8点台でアピールポイントであるK/9も2.45となかなか三振を取ることができなかった。またBB/911.05と制球にも苦しんだ。1軍で活躍するにはやはり制球力の向上が必要不可欠だ。

出典「https://deskgram.net/explore/tags/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AF%E5%8B%9D%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%9C%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

2019現時点での成績

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
153勝5敗3.928.274.251.42

2019は1軍、2軍をいったりきたりはしているものの、先発としてまずまずの結果を残している。

アピールポイントであるK/9も8.27と向上している。BB/9も4.25といいとは言えないが改善されているのがわかる。

チームのローテは若い選手で構成されているため、疲れや調子の波が大きい。K-鈴木選手も25歳とまだまだこれからの選手ではあるが、社会人出身ということもあり期待値はもっと高いはずだ。チームもAクラスを狙える位置にいる。

チームをAクラスに引き上げることができるか、今後のK-鈴木選手の活躍に期待したい。

K-鈴木(オリックスバファローズ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

青柳晃洋(阪神タイガース)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
185勝8敗3.616.282.321.30

2019現在18試合に投げ、5勝8敗防御率3.61とまずまずの成績を残している。なかなか勝ち星に繋がっていないものの、チームとしては先発で100イニングを投げているのは西勇輝とこの青柳晃洋選手だけだ。リリーフ陣が安定しているチームではあるが、少しでも休めさせているという点では評価できる点だろう。

チームもまだAクラスを狙える位置にいる。今後の青柳晃洋選手の更なる活躍を期待したい。

今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
2011勝5敗2.489.592.801.05

2019は2018の不調が嘘のように素晴らしいピッチングが続いている。コントロールも安定しているし、アピールポイントである伸びのあるストレートを軸にK/9も9.59と三振も多く奪っている。

チームも2位につけ、優勝を狙える位置にいる。

勝負のかかったエース対決が今後は多くなる可能性もある。そこで勝ち切れるピッチングができるか。今後の今永昇太(横浜DNAベイスターズ)選手に注目だ!!

中川皓太(読売ジャイアンツ)選手
試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
504勝2敗15S14H1.6210.441.621.04

現在首位を支えているピッチャーとしてまず名前が上がる選手と言っていいだろう。

プロに入ってから目立った成績を残していなかった選手がここまで変貌している。

ジャイアンツがもし、優勝することがあれば、ぜひ、最後はこのピッチャーで締めてもらい、胴上げ投手になってほしい。それくらい現段階での貢献度は凄まじい。

出典「https://baseballgate.jp/p/273826/

ガラポン
ガラポン

入団2~3年目の選手が多い世代で2019に開花したりしそうな選手が多い世代だ。

前半よくても疲れやらなんやらで不調になりがちな時期だね、兄貴!!

ガラポン
ガラポン

そやな、体力的にも1年間通してシーズンを過ごしたことがない選手が多い。K-鈴木選手もここからが踏ん張りどころだ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)