<プロ野球>千葉ロッテマリーンズ 美馬学選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

ミスターパーフェクトに惜しくも届かなかった男。

魔人
魔人

美馬学(千葉ロッテマリーンズ)選手はどんな選手なんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は美馬学(千葉ロッテマリーンズ)選手についてまとめた!!

スポンサーリンク

美馬学(東北楽天ゴールデンイーグルス)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢) 1986/9/19(34)
背番号15
身長・体重169cm・75kg
ポジション投手
投・打右投・左打
年俸1億3000万
経歴茨城県立藤代→中央大→東京ガス→楽天
ドラフト2010年2位
フォームスリークォーター
球速(MAX)153km/h
球種スライダー、カーブ、シュート、フォーク

【経歴】

【高校時代】

2年生:選抜出場を果たす

【大学時代】

中央大学に進学したが、怪我に悩まされ、目立った成績を残すことができず。

【社会人時代】

東京ガスに入社。入社後も怪我で出遅れるが、都市対抗ではクローザーとして活躍。

【プロ】

2011:ルーキーながら開幕一軍を勝ち取る。リリーフで初登板し、プロ初勝利を記録

2012:星野監督からリリーフから先発に転向を命じられる。先発での初勝利を記録し、プロ初完投勝利も記録。このシーズンは規定投球回にも到達した。23試合で、8勝10敗、防御率3.08の成績を残す

2013:2012の活躍もあり、このシーズンもローテを勝ち取る。しかし、被本塁打が多く、リーグワーストを記録してしまった。18試合で、6勝5敗、防御率4.12とピリッとしなかった。ただ、クライマックスシリーズで完封勝利を記録し、日本シリーズでもシリーズ2勝を上げ、見事チームを初の日本一に導き、シリーズのMVPにも選出された

2014:2013のような活躍を期待されたが、14試合で、2勝9敗、防御率4.83と厳しい結果になった

2015:怪我があり、16試合で3勝7敗、防御率3.44と2年連続結果を残せず

2016:自身初となるプロ初完封勝利を記録。2013~2015は届いてなかった規定投球回にも達した。26試合で9勝9敗、防御率4.30の成績を残す

2017:自身初の開幕投手を務める。怪我人が多く出る中、年間を通してしっかりローテを守り、26試合で11勝8敗、防御率3.26と自身初の二桁勝利も記録

2018:怪我があり、14試合で2勝6敗、防御率4.56と厳しい結果になった

2019:先発陣の怪我人が続出する中、しっかりとローテを死守。25試合で8勝5敗、防御率4.01の成績を残した。シーズンオフにFAで千葉ロッテマリーンズに移籍

【スペック】

ストレート防御率安定感(WHIP)三振能力(K/9)コントロール(BB/9)
ADBCS

美馬学(千葉ロッテマリーンズ)選手のアピールポイント(特徴)

平均144km/hのストレートを軸に色々な球種でストライクを取れるコントロールがあり、いい時も悪い時も試合を壊さないのがこの選手の良さ

キャリアハイシーズンの成績

試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
2611勝8敗3.267.041.731.10

美馬学選手にとってベストシーズンは2017か。

ずば抜けた成績とは言えないかもしれないが、ローテをしっかり守り、チームにとっても計算しやすい選手として信頼を得た1年となったはずだ。

怪我が多いのは気になるが、身体が万全であれば東北楽天ゴールデンイーグルスにとって最も計算できる選手の1人のはずだ。

ライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

涌井秀章(千葉ロッテマリーンズ)選手

井納翔一(横浜DNAベイスターズ)選手

まとめ

即戦力ピッチャーとして期待された選手だが、アマチュア時代から故障持ちだったが、リリーフから先発転向し、息の長い選手になっている。しかし、活躍するシーズンとしないシーズンの差が激しい。(故障持ちということはそーゆーことなのか。)2020からはチームも変わり、どんな活躍を見せてくれるか注目だ。

ガラポン
ガラポン

千葉ロッテマリーンズを優勝に導くことができるか!?

魔人
魔人

2020はこの選手にとっていいシーズンとなるか!?それとも。。。

ガラポン
ガラポン

今後、どんな活躍をするか楽しみだ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)