<プロ野球>東北楽天ゴールデンイーグルス2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は3位に終わった東北楽天ゴールデンイーグルス。

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は東北楽天ゴールデンイーグルス2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!

スポンサーリンク

2019シーズン 東北楽天ゴールデンイーグルスの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
美馬(33)258勝5敗4.017.021.501.1852
石橋(28)288勝7敗3.825.022.471.1953
辛島(29)279勝6敗2H4.146.444.371.5033
岸(35)153勝5敗3.568.262.401.1260
則本(29)125勝5敗2.788.871.321.0050
塩見(31)93勝1敗3.168.241.580.9963

美馬 学【B

試合をなんだかんだ作る右腕。2018は2勝にとどまり、入団してから最少タイの成績になった。2019は2017年に自身初の二桁勝利を上げたようなピッチングができるか注目していた。結果的には8勝にとどまったが、ホークス戦ではあわやノーヒットノーラン達成となるような素晴らしいピッチングも見せた。防御率は4.01といいとは言えないが、怪我人が多く出た先発陣を引っ張った。2020はFA移籍によりマリーンズへの移籍が決まり、新たなチームで挑戦することになった。

石橋 良太【B

投げっぷりのいいフォームからMAX152km/hのストレートが持ち味の右腕。2016年に6試合に登板していたが、それ以降は登板がなく育成も経験し這い上がってきた。2019は自身プロ初勝利を記録するなど飛躍したシーズンとなった。結果的には8勝を上げ、防御率3.82とまずまずの結果を残した。2020は開幕からローテを獲得し、1年間ローテを死守したいところだ。

辛島 航【B-

ハマったら手がつけられない技巧派左腕。期待されながらも年間通してなかなか安定して成績が残せていない選手。2019は年間を通して活躍できるか注目していた選手。結果的には9勝を上げたが、中盤から後半にかけては撃ち込まれることが多くなり、リリーフでの登板が増えた。2019ももう一段階段を上れなかった印象だ。2020はこの壁をぶち破ってほしい。

岸 孝之【B-

伸びのあるストレートと大きなカーブが武器の元ライオンズのエース。2018は最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、35歳になってもまだまだ衰えを見せていない。2019も則本選手との2本柱でチームを引っ張ってほしい存在だった。しかし、開幕戦で怪我をしてしまい長期離脱してしまった。結果的に3勝にとどまった。プレミア12に選出されるなど実力は文句なしなので、2020は万全な状態でシーズンを迎えたいところだ。

則本 昂大【B

三振を量産するマー君の意思を受け継ぐ右腕。2019はシーズン前にクリーニング手術を受けることになりシーズンの半分を棒に振ってしまった。復帰後は則本選手らしいピッチングを見せてくれたものの、前半の出遅れが響き5勝にとどまった。2020は2019の悔しさをぶつけ、岸選手とともにダブルエースでチームを引っ張っていってほしい。

塩見 貴洋【B-

2010年のドラ1左腕。ドラ1ということもあり期待されながらもなかなか結果がでていない。ハマったときは素晴らしいピッチングをするだけに2019は安定して実力を発揮できるか、また手術明けということもありどんな状態でシーズンに臨めるのか注目していた。結果的には3勝にとどまり悔しいシーズンとなった。手術したということもありオフにしっかり準備できなかったのかもしれない。2020は身体のケアをしっかり行い、1年間ローテを死守してほしい選手の1人だ。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
森原(28)644勝2敗29H1.979.142.531.02
青山(36)622勝4敗16H2.706.083.041.03
ブセニッツ(29)544勝3敗28H1.947.943.531.29
ハーマン(35)505勝3敗21H3.049.323.040.99
宋(27)483勝2敗24H2.187.944.571.26
高梨(27)482勝1敗14H2.3011.786.611.53

森原 康平【S

伸びのあるストレートとフォークで三振を量産するスリークォーター右腕。ルーキーイヤーだった2017は47試合に登板し、チームに貢献したが、2018は17試合にとどまっていた。社会人出身ということもあり結果がほしい年となった。結果的には恐ろしい成績を残してくれた。64試合に登板し29H、防御率1.97、K/9も9.14と10に迫る成績となった。一気に大ブレイクし、プレミア12のメンバーにも選出されるほどの選手に成長した。プレミア12は辞退したが、2020はオリンピックもある。ぜひ、そこでも選出されるようなピッチングを期待したい。

青山 浩二【A

イーグルスのクローザーも務めた36歳のベテラン右腕。2018は52試合に登板し、防御率1.85と抜群の安定感を見せた。2019も同様の活躍が期待された選手。以前はクローザーとして活躍していたが、2019はどんな状況でも登板し、チームを支えた。結果的に62試合に登板し、16H、防御率2.70と安定した成績を残してくれた。2020もベテランとしてもリリーフの一角としてもチームを支えてほしい。

ブセニッツ【S

来日1年目の助っ人右腕。助っ人というところでどんな成績を残すか注目していた選手。2019開幕前は個人的にはクローザーとしての起用を予想していた。開幕直後は2軍だったが、5月に昇格するとそこからはイーグルスのリリーフ陣においていなくてはならない存在までになった。8月は月間MVPを獲得するなど日本のプロ野球にしっかりと対応してくれた。結果的には54試合に登板し、28H、防御率1.94と文句のつけようがない成績を残した。2020は松井選手の先発希望ということもあり、クローザーの候補の1人になるだろう。

ハーマン【B

入団してから2年連続45試合に登板する鉄腕ベテラン助っ人。2018は47試合に登板し、防御率1.99で素晴らしい成績を残し、またクローザーとして期待された松井選手の不調によりクローザーも務めた選手。2019は個人的には勝ちパターンとしての活躍を期待した選手。結果的には50試合に登板し21H、防御率3.04と成績は落としたが、強力なリリーフ陣の一角として50試合に登板したのは評価できる。2020も!!と思ったが、千葉ロッテマリーンズに入団することが決まった。

宋 家豪【A

重いストレートを投げ込む台湾助っ人。2018は40試合に登板し、防御率1.73と素晴らしい成績を残した。2019は同様の活躍が期待された選手。結果的には48試合に登板し、24H、防御率2.18と2年連続で素晴らしい成績を残した。外国人枠の争いもあるが、2020はハーマン選手の移籍もあり、ブセニッツ選手、宋選手は確実に1軍に入ってくるだろう。

高梨 雄平【A

左殺しのサイドスロー左腕。2018はワンポイントが主だったが、70試合に登板し、防御率2.44と素晴らしい成績を残した。2019も同様の活躍を期待された選手。結果的には48試合に登板し、14H、防御率2.30と腰の違和感により一時期離脱はしたものの、年間を通して素晴らしい成績を残した。イーグルスにとって欠かせない存在であることを証明した。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
松井(24)682勝8敗12H38S1.9413.823.100.92

松井 裕樹【S

若きイーグルスのクローザー左腕。2018はクローザーとして期待されながらも不調に陥り、クローザーの位置も剥奪された。成績も5S、防御率3.65と厳しい成績に終わった。2019は自身で決めたクローザーとして勝負!!ということでどんな成績を残すか注目していた。結果的には38S、防御率1.94と以前のような輝きを取り戻し、イーグルスのクローザーをがっちり死守した。2020も!!と期待していてが、2020は先発での挑戦を希望とのこと。ここまでクローザーとして結果を残しただけに、先発しても個人的には大いに期待したいところだ。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

森原 康平

ブセニッツ

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

藤平 尚真

岸 孝之

補強ポイント

イニングを稼げる先発投手の補強

2019は岸(35)選手、則本(29)選手のダブルエースが怪我により離脱したこともあり、先発陣が一気に手薄になってしまった。そんな中で、美馬(33)選手がチームを引っ張ったが、FAにより千葉ロッテマリーンズに移籍することが決まった。則本選手は恐らく大丈夫とは思うが、岸選手は年齢的にも2019のような事態が起きてもおかしくない。釜田(26)選手、安樂(23)選手、藤平(21)選手など、若手で期待したい選手は多くいるが、2019の緊急事態が起きてもそこを埋めてくれるような活躍はできなかった。リリーフ陣は他のチームより安定しているだけに、若手に期待しながらもイニングを稼げる先発投手を助っ人やトレードなどで補強したいところだ。

左のリリーフピッチャー

強力なリリーフ陣を揃えるイーグルスだが、敢えて言うのであれば左のリリーフが手薄か。2019は高梨(27)選手以外、目立った活躍ができた左ピッチャーがいない。(松井選手はクローザー枠なので、置いておいて。)高梨選手の疲労の軽減のためにも左のピッチャーのリリーフを補強したいところだ。

総合評価

総合評価:A

強力なリリーフ陣を揃えながら3位に終わったイーグルス。期待していたダブルエースの離脱は大誤算だったかもしれないが、それによって先発陣の層の薄さを露呈した。2020はクローザーだった松井(24)選手が先発挑戦すことが決まったし、若手で期待したい選手も多くいる。うまくかみ合えば一気に投手王国ができる可能性もある。ウィークポイントをしっかり補強できれば、2020は安定した戦いができ、Aクラスは確実に食い込むチームになるはずだ。

ガラポン
ガラポン

リリーフに関してはほぼ文句のつけようがない!!

カメQ
カメQ

2020は松井選手の先発がやっぱり楽しみだ!!

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、よかったらみてください!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)