<プロ野球>阪神タイガース2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は3位に終わった阪神タイガース

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は阪神タイガース2019総括&2020に向けての補強ポイント~打者編~がテーマだ!!


2019シーズン 阪神タイガースの総括~打者編~

2019シーズンの主なスタメン選手と評価

打順名前(年齢)ポジション試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1近本(25)1420.271429360.689
2木浪(25)1130.26232420.657
3糸井(38)1030.31442590.819
4マルテ(28)1050.284491200.825
5糸原(27)1430.26745260.689
6大山(25)1430.258761430.714
7高山(26)1050.26929590.705
8梅野(28)1290.266599140.718
9

近本 光司【A

即戦力としてドラ1で入団した選手。2019はルーキーイヤーで開幕2番スタメンを勝ち取った。その後は主に1番での起用が増えた。当初は守備でのミスが目立ったが徐々にそれらにも対応し、バッティングも転がすだけではなく、本塁打9本とパンチ力も見せつけた。最終的には打率0.271、42打点、9本塁打と即戦力と言われるにふさわしい成績を残した。また武器である足の速さもアピールし、36盗塁を決め、見事盗塁王のタイトルも獲得した。

木浪 聖也【B-

オープン戦で猛アピールし、開幕1番スタメンを勝ち取ったルーキー選手。オープン戦のように打ちまくるかと思ったが、開幕してからはプロの壁にぶち当たる。スタメンを外れることもあったが、1年目ではあったが対応力の高さは見せた。最終的には打率0.262とまずまずな成績で終えた。2020は安定した打撃を見せることができるかがスタメン確保の条件か。

糸井 嘉男【A

38歳になった男は2019も打率3割を記録し、まだまだチームに不可欠な存在だということを証明した。しかし、終盤は怪我による離脱をしていまった。近年は怪我も多くなってきているのは事実。2020は身体を万全にして戻ってきてほしい反面、若手にはこの選手を脅かす選手が1、2人と出てきてほしいところだ。

マルテ【B

打率0.284、49打点、12本塁打と来日1年目のシーズンとなったが、適応能力を見せた。4番&助っ人としては少し物足りないかもしれないが、2020は更なる成績を残してくれるか、はたまた研究され成績を落としてしまうか、タイガースにとってチームの成績に影響してくるだろう。

糸原 健斗【B-

チームのキャプテンは打順では2、3、5、6、7、ポジションでは主にセカンド、サードとチームの状況に応じてマルチに活躍した。また本来はクリーンナップを務めるタイプではないがチームになかなか適任者が出ない中、全うしたのは評価できる。ただ色々な状況で打撃に影響したかもしれないが、2018の打率0.286から0.267と下げてしまった。2020はチームのキャプテンとしてはもちろん、打撃でもチームを引っ張っていってほしい。

大山 悠輔【B-

2018の成績から2019はどれくらいの成績を残すか楽しみにしていた選手の1人だったが、2019も和製タイガースの4番として仕事を全うできなかった。ドラフト1位というところからも期待値はかなり大きい。しかし、ここまでチャンスをもらいながら伸びてこないと、いよいよスタメンも怪しくなってくる。2019シーズン終盤もスタメンを外れることも多くなってしまった。2020は4番とは言わないが、まずは完璧なスタメン選手と言われるような成績を残してほしい。

高山 俊【B-

トラのヒットメーカーは2016のルーキーイヤーの輝きを少し取り戻したシーズンとなった。2019シーズン序盤は代打の出場が多かったが、そこで結果を残すと徐々にスタメンの座を勝ち取る。終盤は糸井嘉男選手の怪我による離脱もあり、ほとんどスタメンでの出場を果たした。いつまでも福留孝介選手、糸井嘉男選手に頼ってもいられない。2020こそスタメンを勝ち取ってほしい。

梅野 隆太郎【B+

トラの正捕手は2019もチームの要として素晴らしい活躍をした。特に4月は打ちに打ちまくり打撃でも大きくチームに貢献した。また自身初のサイクルヒットも達成した。肩の強さは誰しもが認めるところだが、年々打撃も成長している。2020は打率0.280を目標に打撃の向上に力をいれてほしい。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

近本 光司選手

出典「https://www.sanspo.com/baseball/news/20190305/tig19030505040001-n1.html

マルテ選手

出典「https://toranokoshien.com/2019/05/31/jefurimarute-2/

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

大山 悠輔選手

出典:「https://www.zakzak.co.jp/spo/news/170704/spo1707040007-n1.html

中谷 将大選手

出典「https://www.nikkansports.com/baseball/column/naruohama/news/201804090000698.html

補強ポイント

外野陣

2019はルーキー近本光司(25)選手が出てきたが、依然としてレギュラーの中心は福留孝介(42)選手、糸井嘉男(38)選手が担っている。高山俊(26)選手が兆しを見せてはくれたが、やはり年齢の高齢化は否めない。中谷将大(26)選手も期待したい1人ではあるが、できれば即戦力に近い選手の補強が必要だ。

サードの補強

大山悠輔(25)選手がサードのレギュラーの筆頭候補であることは間違いない。ただここ数年の使われ方を見ると明らかに他の選手より多くのチャンスをもらっているにも関わらずチームの柱として成長できていないのは残念だ。ここらで尻を叩く意味でもポテンシャルを重視した選手の補強をして、チームの層を厚くしたい。

総合評価&まとめ

総合評価:C+

2019は投手陣を中心に最終的にはAクラスである3位でシーズンを終えた。しかし、打線がもう少しよければより上に行けたのも事実だ。その中で、核となる選手が福留孝介選手、糸井嘉男選手に頼りっきりでなかなか若手が伸びてこず、1.5軍レベルの選手が多くいる印象だ。優勝を狙うためにも若手の成長は必須条件で、難しいならば、核となる選手の補強をすることで安定したチームを作れるはずだ。

ガラポン
ガラポン

投手陣が安定しているいま、打線がもう少しよくなれば本当にいいチームになる!!

カメQ
カメQ

魅力的な若手は多くいるんだけどなぁ~

ガラポン
ガラポン

投手編も後程upしますので、宜しくお願いしますっ!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)