<プロ野球>阪神タイガース2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

2019は3位に終わった阪神タイガース

カメQ
カメQ

2019はどんなシーズンやったんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで、今回は阪神タイガース2019総括&2020に向けての補強ポイント~投手編~がテーマだ!!

スポンサーリンク

2019シーズン 阪神タイガースの総括~投手編~

2019の主なローテーション投手

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIPQS(%)
西(29)2610勝8敗2.925.851.881.1373
青柳(26)259勝9敗3.146.282.641.3044
高橋(24)193勝9敗3.7810.263.121.4055
ガルシア(30)216勝8敗4.696.863.471.5722
メッセンジャー(38)143勝7敗4.676.274.331.3843
秋山(28)104勝3敗4.266.222.131.3410

西 勇輝【B+

2019年からやってきた元オリックスのエース。高卒ながら3年目から安定した成績を残してきた選手。2019は阪神タイガースに移籍してどんな成績を残すか楽しみにしていた選手。結果的にはチームトップの10勝を上げ、防御率も2.92とリーグは変わっても安定したピッチングを見せてくれた。2020はメッセンジャーが引退し、タイガースのエースになるはずだ。更なる活躍を期待したい。

青柳 晃洋【B

タイガースのアンダースロー。入団してから常に1軍に出場している選手で、2018は1軍のイスをがっちり掴む年となるはずだったが、入団してから最低の4試合にとどまった。2019は悔しさをぶつける年となった。結果的には9勝を上げ二桁勝利に1勝届かなかったが、1年間ほぼローテを死守した。防御率も3.14とまずまず安定した結果を残し、いい年になった。

髙橋 遥人【B-

2年目の左腕エース候補。ルーキーイヤーの2018は2勝にとどまったが、力感のなフォームで個人的には期待していた選手の1人。結果的には3勝9敗と大きく負け越し、防御率は3点台後半と防御率の割には負け数が多くなってしまった。打線との噛み合いがあるのかもしれないが、勝敗の結果はよくないが、ピッチングの内容としては評価したい。2020は1年間しっかりローテを守って、二桁勝利を目指してほしい。

ガルシア【C

ドラゴンズで素晴らしい活躍をした左腕助っ人。2019はタイガースに移籍し、2018のような活躍を期待した。しかし、シーズン序盤から撃ち込まれることが目立ち、2軍落ちも何度かあった。終盤ではリリーフで起用され、そこそこ結果は残したが、2018の13勝から6勝に大きく成績を下げた。2020は2018のようなピッチングを期待したいところだ。

メッセンジャー【C

外国人枠から外れたタイガースの助っ人エース。2019から外国人枠から外れ、日本人選手扱いとなった。2019も開幕投手はこの選手に託された。勝ち投手にはなれなかったものの開幕投手らしく素晴らしいピッチングを見せた。しかし、その後は撃ち込まれることが増え、怪我の影響もあり2軍に落ちた。その後、2軍で調整していたが、思った投球ができないとのことで、2019限りでの引退となった。

秋山 拓巳【C

2017にブレイクしたタイガースの右のエース候補。2017に12勝を上げた選手だが、2018は5勝にとどまった。2018のシーズンオフにクリーニング手術を行い、2019はどんな成績を残すか楽しみにしていた選手。シーズン序盤から1、2軍をいったりきたりを繰り返し、最終的には4勝に終わった。コントロールがよく、投げれば試合を作れる能力があるだけに、2020は万全な状態でのぞんでほしい。

2019の主なリリーフ陣

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
島本(26)584勝0敗11H1S1.679.102.120.94
ジョンソン(28)582勝3敗40H1.3813.961.990.80
守屋(26)572勝2敗7H3.008.832.831.15
藤川(39)564勝1敗23H16S1.7713.345.141.09
能見(40)511勝2敗18H4.308.394.911.39
岩崎(28)483勝0敗26H1.019.732.850.76

島本 浩也【S

育成から這い上がってきた投げっぷりのいい左腕。2014年に支配下を勝ち取ったが、その後は1軍での登板はするもののなかなか結果を出せずにいた。2019は監督も変わり、島本選手にとって素晴らしい1年になった。結果的にはチームトップの63試合に登板し、11Hを記録し、防御率も1.67と恐ろしい安定感を見せた。リリーフ陣が他球団より層が厚い中、一気にリリーフとして必要不可欠な存在となった。

ジョンソン【S

2019からチームに加入した助っ人。開幕してからは恐ろしいピッチングを続けた。話題にもなったパワーカーブとストレートを軸に三振の山を築いた。58試合に登板し、40Hを記録し、防御率1.38とこの選手が出てきたら試合終了を意味するほどの結果を残した。2020も!!と思ったが、残念ながらメジャー希望とのことで、退団がほぼ決まっている。

守屋 功輝【B+

スリークォーター気味のフォームから強気のピッチングをする右腕。これまでは入団してから目立った成績を残せなかったが、2019は守屋選手にとって素晴らしい1年となった。57試合に登板し、7Hを記録し、防御率3.00とチームに大きく貢献した。これまではコントロールが安定しなかったが、そこを改善しつつ、持ち味である強気なピッチングを見せてくれた。2020は勝ちパターンにぜひ食い込んでいきたいところだ。

藤川 球児【S

進化し続ける火の玉ストレート。2019は39歳となり、怪我と隣り合わせな年齢になってきたが、まだまだ素晴らしい活躍をしているだけに2019も期待していた選手。シーズン当初はリリーフとして起用されていたが、クローザーのドリス選手の不調(そこまで悪いとは思えないが。)でクローザーを中盤から終盤にかけて起用されるようになった。最終的には23H、16S、防御率1.77と完全に火の玉ストレートが復活した。この年齢で最前線でやっていること自体凄いが、成績も超一流。ドリス選手がまだ契約がまとまってないが、2020のトラのクローザーはこの選手がつとめるのか、注目だ。

能見 篤史【C

リリーフで再び輝きを見せるポーカーフェイスベテラン左腕。2018の途中からリリーフとして再び開花をみせつつあった選手。2019はリリーフとして初めてシーズンを目指した年となった。結果的には51試合に登板し、18Hを記録、防御率4.30と防御率こそいいとは言えないが、登板数から見ても貴重な戦力であったことは間違いない。2020は強力なリリーフ陣の一角として加わることができるか、注目だ。

岩崎 優【S

ゆったりとしたフォームで切れのあるストレートを投げるスリークォーター左腕。2017に一気にブレイクしたが、2018は60試合以上に登板したものの防御率4.94と安定感に欠けた。2019は2018のような活躍をしてくれるか注目していた選手。結果的には防御率0点台に迫る1.01と驚異的な成績を残した。CSでは期待が大きすぎて連投連投が可哀そうではあったが。。。2020は勝利の方程式の一角として完全に位置を確立してほしい。

2019のクローザー

名前(年齢)試合数勝敗防御率K/9BB/9WHIP
ドリス(31)565勝4敗10H19S2.118.131.790.85

ドリス【A

2017から2年連続で30S上げているドレッドヘアー助っ人。2019もタイガースのクローザーとして期待していた選手。開幕当初はクローザーとして起用されていたが、撃ち込まれることが増え、クローザーを藤川選手に受け渡す。その後もクローザーとしてではなく、リリーフとして起用された。結果的には10H19S、防御率2.11と素晴らしい成績ではあると思うが、2020の契約延長には至っていない。

+要素だった選手(いい活躍ができた選手)

ジョンソン

島本 浩也

-要素だった選手(悔しい成績になった選手)

ガルシア

秋山 拓巳

補強ポイント

イニングを稼げる先発投手の補強

メッセンジャー選手が引退したことで、年間で約150イニングを投げてきた選手の穴を埋めるのはそう簡単なことではない。現に2019シーズンはメッセンジャー選手が離脱したことで、先発の柱を失いローテを回すのも一苦労していた現状だ。リリーフ陣が素晴らしいので、せめて、毎回6回くらいを投げられる若手が出てきてくれればいいのだが。候補しては岩貞(28)選手、才木(21)選手、藤浪(25)選手がいるが、未知数なことも含め、イニングを稼ぐことができる選手を助っ人などで補強したいところだ。

右のリリーフ陣

左のリリーフは、2019大ブレイクした島本(26)選手、岩崎(28)選手、ベテランの能見(40)選手などがいる。他球団よりは実力や年齢を考えても豊富なほうだ。右のリリーフは、2019素晴らしい活躍をしたジョンソン(28)選手、ドリス(31)選手が退団濃厚なため、守屋(26)選手、藤川(39)選手と戦力ダウンは否めない。藤川選手も高齢でどこまで計算できるか難しい。望月(22)選手などには期待したいが、先発かリリーフか微妙なところだ。助っ人が一気に抜けることもあり、こちらも助っ人での補強が濃厚か。いずれにせよ、補強ポイントになるだろう。

総合評価

総合評価:S

先発陣に関してはなんとかやりくりし、盤石のリリーフに繋げて勝利を重ねてきた印象だった2019。島本選手、ジョンソン選手、ドリス選手、岩崎選手、藤川選手と出てくる選手がほとんど超一流の成績を残した。2019に関して投手陣は先発陣は少し物足りなかったものの、リリーフ陣は素晴らしくS評価とした。2020はジョンソン投手、ドリス投手と勝ちパターンで登板していた選手が一気に2人も抜ける可能性があり、どんな選手が再び出てくるか楽しみだ。

ガラポン
ガラポン

投手陣に関しては、若手がしっかりと育成されてきたいるイメージだ!!

カメQ
カメQ

甲子園という球場が後押ししてるのかね!?

ガラポン
ガラポン

打者編もupしてますので、よかったらみてください!!

 

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)