<プロ野球>中日ドラゴンズ福田永将選手のざっくりまとめ

baseball
スポンサーリンク
ガラポン
ガラポン

ジャイアンツキラー。福田永将。

カメQ
カメQ

福田永将(中日ドラゴンズ)選手ってどんな選手なんや!?

ガラポン
ガラポン

ってことで今回は福田永将(中日ドラゴンズ)選手についてまとめた!!


福田永将(中日ドラゴンズ)選手について

経歴&スペック

生年月日(満年齢)1988/7/23(31)
身長・体重181cm・88kg
ポジション内野手
投・打右投・右打
年俸4700万
高校横浜
ドラフト2006年3巡目

横浜高校という名門高校で2年春から4番打者を務めた。

2006年、春の第78回選抜高等学校野球大会では主将として優勝を経験、同年夏は1回戦負け。

高校通算49本塁打

2007年、キャッチャーとして入団したが、打撃の評価が高く、2軍で数試合にとどまっていたため、出場機会を増やすためにシーズンオフにコンバート指示を受ける。

2008年、捕手から内野手にコンバート

2009年、1軍でプロ初打席初本塁打を記録。

2010年、2軍では4番を任せられていたが、1軍では15試合にとどまる。

2011年、右の代打として開幕1軍を果たす。

2012年、内野手から捕手に再転向する

2013年、怪我により離脱

2014年、10試合しか出場できず。

2015年、自己最高の79試合に出場し6本塁打を放つなど、自己ベストの成績を記録。

2016年、10本の本塁打を記録。

2017年、怪我により出遅れたが、シーズン通算でも自己最多の18本のホームランを放った。(現在のキャリアハイシーズン)

2018年、自身初の規定打数到達、115安打を達成。

ガラポン
ガラポン

入団時から強打のキャッチャーとして期待値が高い選手やな。

カメQ
カメQ

打撃を生かすためにコンバートってことやな。

ガラポン
ガラポン

そやな、チーム事情もあり、若干振り回されてる感もあるが、、、

福田永将(中日ドラゴンズ)選手のアピールポイント(特徴)

この選手の特徴は長打を打てる打撃が最大のアピールポイントだ。確実性が上がればより怖い選手に成長しそうだが、ツボに入ったときの打球は助っ人並みの飛距離をだす。

福田永将選手(中日ドラゴンズ)選手のキャリアハイシーズン<2017>

試合数打率打点本塁打盗塁OPS
950.271491800.843

福田永将(中日ドラゴンズ)選手にとって2017がキャリアハイシーズンか。

コンバートや怪我でなかなか年間を通して活躍ができないシーズンが続いた。2017も怪我で出遅れてしまったが、95試合で18本の本塁打を記録。特徴である打撃でアピールに成功。

2018年以降はクリーンナップも期待したい成績を残した。

ガラポン
ガラポン

2017年時点で29歳と本来であればバリバリの主力として活躍したいところだったが、ここにきてやっと開花しそうな感じだ!!

カメQ
カメQ

長打力はアピールできたからあとは確実性だな。

ガラポン
ガラポン

そやな、しかも結果を残せる助っ人が多くいるチームだから、特徴である打撃でアピールし続けないと常にスタメンは難しいな!!

出典「https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E6%B0%B8%E5%B0%86

2019現時点での成績

試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1000.282641700.874

高橋周平選手が大ブレイクし、サードのポジションが固定されてしまった影響もあり、外野手での起用が増えた。しかし、その高橋周平選手も怪我により離脱し再びチャンスが巡ってきた。パンチ力はすでに証明済み。首脳陣が常に使いたいと思わせるためにもやはり確実性を高め、打率を上げることがこの選手にとって必要なことだろう。

2019、ここからどんな成績を残していくれるか注目だ。

福田永将(中日ドラゴンズ)選手のライバル(同世代同ポジションで活躍している選手)

坂本勇人(読売ジャイアンツ)選手
試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1400.313933950.969

2019は三冠王も狙えそうな勢いで打ちに打ちまくっている。(現在は打率は鈴木誠也選手が抜けているが。。。)2018は打率0.345と高打率をマークしていたため打率はこれくらいは予想できたが、本塁打が凄いことになっている。

チームが優勝から遠ざかっているが、2019はリーグ優勝を決め、この勢いでCS突破、そして悲願の日本一に向けてもこの選手の活躍は必要不可欠だ。

宮崎敏郎(横浜DNAベイスターズ)選手
試合数打率打点本塁打盗塁OPS
1110.280461400.764

2019は開幕から不振が続き、なかなか調子が上がってこなかった。5月に入ってからようやく本来の調子を取り戻す。チームも徐々に調子を取り戻し2位につけている。ここから更に上を狙うために、この選手の活躍が必要だ!!というとこでまさかの骨折。本人にとってもチームにとってもかなり痛い離脱となった。離脱時は筒香嘉智選手がサードのポジションを担い、穴を埋めた。シーズン終盤で1軍復帰した。リーグ優勝はジャイアンツに決まったが、CS突破をし、日本一の可能性はまだ残っている。この選手の活躍に注目だ。

出典「http://gensun.org/pid/2730641

ガラポン
ガラポン

この世代はバリバリの主力かすでに戦力外させれているか、チームのサブとして活躍しているかハッキリわかれる世代になってきている。

カメQ
カメQ

でも、福田永将選手はどっちにも転びそうな位置だな。ここらが踏ん張りどころだ。

ガラポン
ガラポン

そやな、福田永将選手は選手生命的な意味でも本当に結果を残したい!!

comment 名前とコメントのみでOK!!コメントお待ちしております!!(*ノωノ)